「古代米入り梅ヶ枝餅」福岡県太宰府市の名物

2015年11月から毎月17日に、福岡県太宰府市の太宰府天満宮参道などにある梅ヶ枝餅(うめがえもち)販売店で、紫色の太宰府名物梅ヶ枝餅「古代米入り梅ヶ枝餅」が販売されています。

次回の販売日は、2024年3月17日(日)の予定です。

撮影・取材・文:出口敏行
記事公開日:2016年6月17日

「古代米入り梅ヶ枝餅」は、福岡県産の古代米(黒米)のアントシアニンを使用した梅ヶ枝餅の新商品です。

すでに毎月25日に緑色の「よもぎ入り梅ヶ枝餅」が販売されていますが、こちらは新商品です。

2015年10月17日に九州国立博物館の10周年を記念して試験的に販売したところ好評だったため、翌月11月から毎月17日の「きゅーはくの日」に販売されるようになったとのこと。

特徴は、抗酸化力があるアントシアニンを含んでいることと、黒米をパウダー状にして粒子の大きさを工夫することで、従来品よりぱりぱり感がある、香ばしい風味に仕上がっていることだそうです。
食べてみると、お餅の部分から黒米の香りがします。

■福岡県「古代米入り梅ヶ枝餅」開発

2015/11/12 毎月17日の限定販売決定!
ふくおか食品開発支援センターと大宰府梅ヶ枝餅共同組合が連携し、紫色の「古代米入り梅ヶ枝餅」の共同開発に成功しました

毎月25日に発売の緑色の「よもぎ入り梅ヶ枝餅」の記事はこちら。

▼毎月25日は緑色の「よもぎ入り梅ヶ枝餅」の販売日


このエントリーをはてなブックマークに追加