福岡音楽情報特化型WEBメディア「OTOJIRO オトジロー」

2021年8月23日(月)、音楽都市福岡キュレーションメディア「OTOJIRO(オトジロー)」が公開されました。

OTOJIRO(オトジロー)は、福岡の音楽シーンにおける最新情報やアーティスト情報などのデータベースを発信する福岡音楽情報特化型WEBメディアです。

ネーミングは博多のエンターテインメントの始祖である川上音二郎に由来しています。
「音」二郎の音の響きがミュージックと繋がり、福岡らしい固有名詞となります。
また、川上音二郎一座は日本人として初めてレコーディングしたアーティストと言われており、イノベーティブな精神を受け継ぐ象徴にもなっています。

▼OTOJIRO(オトジロー)

福岡の音楽情報満載のキュレーションメディア。
楽しい便利なコンテンツが盛りだくさんです。

[01]協議会オリジナルコンテンツ発信

「音楽都市福岡」の可能性や福岡が有する音楽文化の多様性等をわかりやすく、コンテンツにまとめて発信。
全国的に注目されるようなメディア機能を目指す。

インタビュー:福岡にゆかりのあるアーティストを中心に発信。オープニング企画も検討中。
コラム:福岡音楽都市協議会のメンバーを中心に各分野のオリジナル記事を発信。
特集:音楽関係者にとって有益な情報をキュレーションして発信。

[02]地域音楽情報(イベント等)発信

福岡市内で開催されるライブやイベント、福岡のアーティストのリリース情報について、ジャンルを問わず発信。

[03]音楽関係者やアーティストが集合!データベース

福岡で活動しているアーティストやクリエイター、音楽関連事業者などの情報をデータベース化して公開。
今後、音楽業界の事業者中心にビジネスマッチングサービスを予定。

福岡音楽情報特化型WEBメディア「OTOJIRO オトジロー」

MCCFとは

MCCF(福岡音楽都市協議会)とは、福岡を日本・アジアを代表する音楽都市にすることを目標に、2021年4月に設立された任意団体です。
福岡市は音楽の分野において、幅広いジャンルのアーティストや、市民、団体によって多彩な活動が育まれ、都市の大きな魅力となっています。
「音楽」を関連産業や観光、さらにはまちづくりの観点から活用・振興を図るため、市内で音楽関連の活動等を行う事業者・個人などをはじめとした、様々な立場の人が横断的に交流し、育成を行う組織となります。

MCCFのVISION

音楽産業振興、都市ブランディング、異文化交流(ハブ都市化)などの、人材育成・産業創出
福岡オリジナルの文化的価値を高める成長戦略

MCCFの事業内容

●OTOJIRO(オトジロー)

●FUKUOKA STREET LIVE

音楽・パフォーマンスがまちなかにあふれる!
活動の場を失っているアーティストの皆さんへまちなかでの発表の場を提供し、福岡市の文化芸術活動が決して止まることがないよう、アーティストの皆さんと、市民、事業者、行政が一緒に進めていく取組みです。
街中に、音楽やアート、パフォーマンスが溢れ、また新たな才能が発掘され、福岡が世界に誇る文化芸術の街となるような未来志向の文化プロジェクトです。

●FUKUOKA STREET PIANO

まちなかで賑わうスペースにストリートピアノを設置して、気軽に音楽に触れていただくきっかけづくりやさらなる街の賑わいづくりを行います。

音楽都市福岡キュレーションメディア
「OTOJIRO(オトジロー)」
運営:福岡音楽都市協議会 事務局
所在地:〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 8F(福岡市文化芸術振興財団内)
TEL:092-263-6300
FAX:092-263-6259