映画「TITANE/チタン」福岡

2022年4月1日(金)より、映画「TITANE/チタン」が全国ロードショーとなります。

上映館はこちら。

▼ムビチケを購入する


[受賞歴・ノミネート歴]

第74回(2021年)カンヌ国際映画祭「パルムドール(最高賞)」受賞
99ノミネート23受賞(2022/02/21時点)

[予告編・動画]

本予告(1分15秒)2022/02/10

[INTRODUCTION]

頭蓋骨に埋め込まれたチタンプレートが引き起こす[突然変異]。
常識を逸脱した先にある映画の未来を受け止められるか。

2018年「万引き家族」、2019年「パラサイト 半地下の家族」、2020年【開催中止】——
そして2021年、すべての価値観が一変した直後の世界で、カンヌ国際映画祭が頂点に選んだのは、突然変異の如く現れた、まさに【怪物】。
新時代の申し子と呼ぶべき圧倒的怪作が2022年、遂に日本でもその全貌を明かす!

監督は、鮮烈なるデビュー作「RAW~少女のめざめ~」(16)で、カンヌ国際映画祭フィプレシ(国際映画批評家連盟)賞に輝いたジュリア・デュクルノー。

そして本作、長編2作目にしてカンヌの最高賞を奪取するという偉業を成し遂げた。

さらに99ノミネート23受賞(22/02/21時点)と世界各国の映画祭・映画賞を席捲!

行先不明の映像体験による困惑と驚愕、感動を超えて、新たな時代を生き抜く存在に、あなた自身が生まれ変わる、未知なる108分の旅。

映画「TITANE/チタン」福岡

[STORY]

幼い頃、交通事故により頭蓋骨にチタンプレートが埋め込まれたアレクシア。

彼女はそれ以来<車>に対し異常な執着心を抱き、危険な衝動に駆られるようになる。

自らの犯した罪により行き場を失った彼女はある日、消防士のヴァンサンと出会う。

10年前に息子が行方不明となり、今は孤独に生きる彼に引き取られ、ふたりは奇妙な共同生活を始める。

だが、彼女は自らの体にある重大な秘密を抱えていた──

[場面写真]

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡


映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

TITANE_Photo_8(c)Carole_Bethuel

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」福岡

[映画ポスター]

映画「TITANE/チタン」福岡

映画「TITANE/チタン」
監督・脚本:ジュリア・デュクルノー『RAW〜少女のめざめ〜』
出演:ヴァンサン・ランドン、アガト・ルセル、ギャランス・マリリエ、ライ・サラエ
©KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020
原題:TITANE
製作年:2021年
製作国:フランス
時間:1時間48分
字幕翻訳:松崎広幸
R15+
ホームページ

▼ムビチケを購入する


このエントリーをはてなブックマークに追加