25日にフランスのマレ地区にオープンした博多のチョコレートショップのパリ店「 Les 3 chocolats(レ・トロワ・ショコラ)」で販売されている、フランス版の商品をいただきました。


フランスはビターな味が好まれる場所とのことで、パリ店でのチョコレートは日本の商品より全体的にカカオマスの含有量を増やし、香ばしさやほろ苦さを引き出されたそうです。


日本の和の素材である「ごま SESAME」や「しょうゆ sauce soja 」、「きなこkinako」は、パリで入手出来る物では風味が足りなかったため、日本からスタッフさんが持参されて、製造されたとのこと。


チョコレートショップは博多のみなさまに育てていただいたという気持ちを忘れずに、博多で培ってきた味のベースはそのままに、「made in 博多」を前面に出して、商品を揃えられたそうです。


フランス版のチョコレート、たしかにビターで、そしてチョコレートショップらしい美味しさでした。


また、チョコレートを収めるアルミ缶は博多のチョコレートショップ本店で販売されている商品と同じですが、手提げ袋は日本未使用のパリ店限定のものを使用しているとのこと。


Les 3 chocolats(レ・トロワ・ショコラ)」という店舗名は、フランス語で「3 つのチョコレート」を意味していて、チョコレートショップ初代の佐野源作さん、2代目の隆さん、そして3代目のパリ店店長の恵美子さんを表しています。


博多の想いが込められた「Les 3 chocolats(レ・トロワ・ショコラ)」の商品や手提げ袋がフランスに、そして世界に広がっていくことを願います。


チョコレートショップ・パリ店「Les 3 chocolats(レ・トロワ・ショコラ)」

アドレス:45 RUE SAINT-PAUL 75004 PARIS

電話番号:+33 (0) 1 44 61 28 65

営業時間:火曜-日曜 11:00〜20:00

定休日:月曜

http://www.chocolateshop.jp/modules/gnavi/index.php?lid=314&cid=12