2/2(木)から2/14(火)までの期間、博多のチョコレートショップにて、タレントの国生さゆりさんが初プロデュースしたバレンタインデーのチョコレート「バレンタイン・キッス チョコレート」が販売されます。


この商品は、国生さゆりさんがFBS福岡放送のテレビ番組 「クロ女子白書」(毎週水曜深夜 2454分~)に出演した際に「福岡女子を応援するために何かしたい」と、バレンタインチョコを作ることが決定したコラボ商品です。




バレンタインデーの代表曲「バレンタイン・キッス」を歌っていた国生さんですが、バレンタインチョコレートをプロデュースするのは初めてとのこと。

今回は福岡地区と東海地区で、それぞれ違った種類のチョコレートをプロデュースされています。


 チョコレートのイメージ、色、味にいたるまで、国生さんがゼロかイラストを描きながら考えられたそうです。 






そんな国生さんのチョコを形にしたのが、博多のチョコレートショップのオーナー佐野隆さん、3代目のパリ店店長の佐野恵美子さん、開発担当のチーフ峰岸菜々さんです。








商品の限定パッケージには、国生さゆりさん、チョコレートショップ、クロ女子白書のロゴがデザインされています。




国生さゆりさんが今回の5粒のチョコレートに込めたメッセージはこちら。


「黄金に輝く人生を送っている皆さま

お仕事頑張って下さい。ご苦労様です。

初恋の味を覚えていますか?

LOVEに落ちたときのトキメキを覚えていますか?

もう一度感じてくださいませ。特別な黒ダイヤです。」 


【国生さんのイラスト】~ベーシック~ 






チョコレートショップの定番の味、 日本人が大好きなミルクチョコレートです。個性豊かなチョコレートの中にあって、 まさにベーシックな1品です。中にはコラーゲンが入っています。


【国生さんのイラスト】働く男性も応援。ネクタイをイメージしたチョコレート。 鹿児島出身の国生さんらしく、薩摩切子の青、そして焼酎の味をリクエストされました。  






~幻の焼酎・森伊蔵~を使用したチョコが苦手な男性も食べられる "大人のチョコレート" 。 見た目も男性のイメージ。 ラメの入った青で薩摩切子の色を表現。ネクタイということで、角張ったチョコ。味もハードに仕上げています。 通常は、チョコレートの中のガナッシュクリームには、チョコレートと生クリームを合わせた物を使用しますが、このチョコレートは生クリームを使わずに、森伊蔵を使用しています。このチョコレート内の水分は、森伊蔵のみという、贅沢なチョコレート。 最初の生チョコを沸騰させるときに、焼酎を混ぜ合わせますが、アルコールが飛んでしまうため、後入れでさらに森伊蔵を加えて、より森伊蔵感を出しています。


【国生さんのイラスト】誰もが経験した初恋、そしてファーストキッスをイメージ。 初キスの味といえばレモン。レモンの甘酸っぱさと重なって当時がよみがえるような 1品に。くちびるの形もカワイイ形です。





国生さんのリクエストに応えるため、 本場フランスからわざわざ取り寄せたという"くちびるの型"を使用。 いやらしくならないように、ピンクの色味にこだわり、さらに光沢感を出すことで、艶のあるグロスを表現。シャイニーなイメージに仕上げました。 ホワイトチョコをベースに、 レモンチェッロというレモンのリキュール、 レモンの皮をすり下ろしたゼストでさわやかな香りを、また、国産のハチミツでさっぱりとした甘さを出しました。 ハチミツをいれることで疲労回復や殺菌作用、保湿成分なども。 味のアクセントとして、レモンピール(レモンの皮を砂糖で煮て、洋酒につけ込んだもの)を加えました。   疲労回復にもオススメ、日頃働いている女性にも食べてほしい1品とのこと。 


【国生さんのイラスト】恋に落ちた時の「ズキュン」と来る感じや、一目惚れの「ドーン」という、運命の相手に出会い、恋しちゃったときの衝撃をイメージしたハートのチョコ。中身には、ロゼのシャンパンをリクエストしました。








高級シャンパン「ドンペリニョン」のロゼを使用したチョコレート。 表面にキラキラするパールで輝きのある色に。ひとくち食べると、まずは口溶けのいい、ドンペリ・ロゼのガナッシュクリームの香りが口いっぱいに広がります。 そしてその後に、国生さんが「天使の声が聞こえるよう」と表現したように、後から口の中でパチパチとはじけます。スペイン産のシクレ(砂糖)で、恋に落ちた時の衝撃を表現しています。 


【国生さんのイラスト】真っ黒なチョコで"黒ダイヤ"をイメージ。クロ女子白書の"クロ"とMC黒瀬純(パンクブーブー)の"黒" 、さらにアメリカの有名なドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の中でも、特別な相手に「黒ダイヤ」を贈ったことから、特別な「黒ダイヤ」をイメージ。 






表面は砂糖ゼロの真っ黒なチョコレートでコーティングして真っ黒を表現。中身は"プラリネ生キャラメル" 。まず口にして広がってくるのが、トロっととろける自家製の生キャラメル。こちらには女性に嬉しいヒアルロン酸が加えられている。しっかりとした下の部分はプラリネ(ナッツをペースト状にしてチョコと混ぜ合わせた)に、ローストしたアーモンドとクレープ生地をパリパリにしてフレーク上にした物でザクザクとした食感のアクセントを出しています。



商品名「バレンタイン・キッス チョコレート」(5つ入り)

パッケージは通常版とクロ女子白書版の2種類

販売価格:1500円(税別)
販売期間:22日(木)~ 214日(火) 予定
販売場所:チョコレートショップ本店(福岡市博多区綱場町3-17 

チョコレートショップ パリ店 Les trios chocolats (レ・トロワ・ショコラ) 

http://www.chocolateshop.jp/


チョコレートの製造過程はFBS「クロ女子白書」内にて放送。 

http://www.fbs.co.jp/kurojoshi/