11/23(水/祝)から11/30(水)までの8日間、飯塚市の麻生大浦荘(あそうおおうらそう)で「麻生大浦荘 紅葉特別公開」を開催しています。


麻生大浦荘は、「筑豊御三家」のひとつに数えられた麻生家の初代、太吉の長男、太右衛門の住宅として建築された麻生一族の住宅のひとつで、数寄を凝らした和風入母屋書院造りが美しい邸宅は、大正末期に建てられたと伝えられています。


1773.4平方メートル(約234 坪)、262.7平方メートル(約 19 坪)の広さを持つ大浦荘の建材は主に桧と杉、柱は四方柾に製材されており、とても高価な木材が使用されているそうです。


また欄間にも精緻細工が施されており、贅を尽くして建築されたことが伺えます。


よく整備された庭と紅葉が美しかったです。


この期間だけの美しい庭園の紅葉を、ぜひお楽しみください。


麻生大浦荘

飯塚市立岩1060番地

期間:201611 23日(水/祝)~11 30日(水)

時間:9:3017:00(入場 16:30まで)

料金:無料

雨天時は庭園立入禁止となります。

飯塚観光協会サイト

http://www.kankou-iizuka.jp/events/175