IMG_4414

九州のリノベーション・ユニット「ソーシャルグッドハウス」工藤英寿会長インタビュー

ーーソーシャルグッドハウスについて教えてください。

ソーシャルグッドハウスとは、九州の不動産業界の有志企業、団体、および福岡銀行が中心となり結成された、九州ソーシャルグッド協議会リノベーション・ユニットです。

従来のリノベーションに、インスペクションや鑑定、保証による安心感と、建築家による住宅価値の再構築、さらには金融機関による優遇をプラスしたワンストップサービスを行なっています。

九州ソーシャルグッド協議会は2年前に、その母体の一般社団法人 住宅流通促進協議会は7年前に設立された団体です。

top_block1_btm_logo
ソーシャルグッドハウス公式サイト:http://sg-house.org/

about_img_pc

top_block9_logo

ーーソーシャルグッドハウス設立のきっかけはなんだったのですか?

私自身の経験から来ているのですが、私が建築に従事して30年で、日本で購入した住宅は、築年数が古くなるとその価値が下がります。私も家を購入したのですが、10年間で2000万円のコストロスを起こしていました。こうなると、家は資産とは言えないのでは?と日本の住宅のあり方に疑問を持った時期がありました。そんなときにアメリカでうまくいっている実例を知ったのです。

アメリカでは住宅の価値が50年間で6〜7%価格上昇しています。買った値段より高く売れる実情がありました。住宅の価格が上がれば、独身時代、子育て時代、子供が家を出た後と、そのときのライフスタイルに合った環境の家に移り住むことができます

もしこれが日本で実現したら、少子高齢化の年金問題などが解決するのでは?と思います。日本の老後の問題が住宅にあるのかなと感じました。そこで、国土交通省にアイディアとして提案したところ、採択されました。「国土交通省採択モデル事業」「既存住宅ストック維持向上促進事業」を行うために、2年かけて設立したのが、ソーシャルグッドハウスです。

IMG_4410

ーーなぜアメリカの住宅では、買ったときより高い金額で売れるのですか?

アメリカの住宅は定期的なメンテナンスを行い、その価値を高める工夫をしています。アメリカだと築100年の家は高く売れます。価値が下がらない、美しいデザインの住宅が多いです。日本では、建てた家は壊すまで何も手をつけないという実情があります。維持管理されていないために、住めなくなった家が増えてきています。

日本でも建築家によるデザインや定期的なメンテナンスを行うと、建物の価値が下がらないんじゃないかと考えました。安く買って、高く売る。それができないかというのがソーシャルグッドハウスなのです。

FullSizeRender

top_block6_graph_big

ーーソーシャルグッドハウスが行なっていることを教えてください。

大事にしていることが、2つあります。

まず、1つ目は先ほど申し上げたデザイン。アメリカだと築100年の家は高く売れます。価値が下がらない、美しいデザインが大事です。

2つ目は、新たな不動産評価の仕組みを作ること。不動産は株と同じように全体の流通量を見る必要があります。アメリカの成功事例を組み入れながら、市場の需給バランスの見極めが大事です。不動産評価はソーシャルグッドハウスグループで運営している不動産精密査定のホームページから事前審査が行えるようになっています。

▼不動産精密査定
http://seimitsusatei.com/


IMG_4411

ソーシャルグッドハウスをご利用いただくお客様には、最大100万円の補助金が出ます。

現在、新たなモデルハウスを制作中で、近く発表することができます。

また、九州ソーシャルグッド協議会では参画される企業さんも募集しています。こちらもお気軽にご相談くださいませ。

▼福岡市内のマンションの一室のフルリノベーション写真
20160725_0181-2

20160725_0075-1
http://fukuokano.net/shop/26433961.html より)

ーー最後に一言。

家を売る値段が買った値段が上回れば、最高ですよね。ぜひソーシャルグッドハウスにご相談ください。

ーーありがとうございました。

ありがとうございました。

FullSizeRender

一般社団法人 住宅流通促進協議会
九州ソーシャルグッド協議会
公式サイト:http://sg-house.org/
所在地:福岡県大野城市筒井4−1−12 エステートピア1F
連絡先:TEL:092-285-1072 / FAX:092-558-0244
営業時間:9:00 〜 17:00
定休日:土日・祝日
代表者名:工藤英寿
事業内容:
住宅不動産流通に関わる情報システムの構築・運用
住宅不動産の取引、手続、保有及び運用に関するコンサルティング
住宅不動産事業者を連携するネットワークの拡大
住宅不動産事業者への教育・研修及び資格等の付与
住宅不動産取引履歴の保存・活用
全各号に関する広報・広告活動、教育・啓蒙活動
免許番号:福岡県知事 (1)第17198号
所属団体:福岡県宅地建物取引業協会会員 全国宅地建物取引業保証協会会員 九州不動産公正取引協議会加盟
▼企業開発・団体:
株式会社福岡銀行、一般社団法人九州・沖縄不動産鑑定士協会連合会、公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会、一般社団法人九州ホームインスペクターズ、株式会社FANFARE、住宅保証機構株式会社、株式会社千年市場、山口公認会計士税理士事務所、一般社団法人福岡県しろあり対策協会、赤坂門法律事務所、株式会社リビング・ラボ、パワーハウス株式会社、株式会社楓工房、株式会社大好産業