天神2丁目の警固神社前の「天神酒場ぬくぬく家」で、"昭和的厚切りごまさば"と平成的"恵比寿サバDE ごまさば"と"鶏白湯スープ炊き餃子"をいただきました。


「天神酒場ぬくぬく家」は、同じ場所で16年目を迎えた「あうんのぬくぬく家天神店」が10/21 (金)にリニューアルオープンしたお店です。


テーマが「昭和VS平成」で、平成の人も昭和の人も楽しめるよう、和モダンな空間の居酒屋に改装され、BGMには1980 年代の歌謡曲が流れています。


ぬくぬく家さんで食べられるごまさばは、厚切りの食べ応え十分な"昭和的厚切りごまさば"と、身がしまって脂がのった平成的な"恵比寿サバDEごまさば"の 2種類があります。


恵比寿サバとは、九州西南部の流れが速い海域で育成され、身がしまって脂がのっているサバのことなのだそうです。


また、"鶏白湯スープ炊き餃子"は10時間かけてじっくり煮込んだ100%鶏のスープで、コラーゲンがたっぷりとのこと。

餃子は100%九州産の黒豚を使用して作った、煮崩れしにくいもちもちの餃子でした。


昭和の人も平成も楽しめる「天神酒場ぬくぬく家」、どうぞ足を運んでみてください。


天神酒場ぬくぬく家

050-5570-6497

福岡県福岡市中央区天神2-3-36 ibbフクオカ 1F

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40002374/