10/28(金)より中洲のゲイツビル7F「博多水炊き大和(やまと)」のメニューがリニューアルされ、対馬産のブランドマグロ"対馬の金マグロ"を使った新メニューが、福岡県内の飲食店で初めて提供されます。


マグロといえば、青森県の大間のマグロが有名ですが、この大間のマグロは北上する前にすべて対馬を回遊しています。

そのマグロの稚魚を捕獲し、対馬で蓄養したのが、"対馬の金マグロ"です。


豊かな対馬海流で育った本マグロの稚魚を1匹ずつ傷つけないようにていねいに釣り上げ、丹精込めて蓄養本マグロに育成し、その中で厳選された本マグロだけが、"対馬の"金マグロ"として市場に出されています。


博多水炊き大和さんでは、"対馬の金マグロ"の刺身、タタキ、レアカツ、カルパッチョ、ステーキを提供されます。


博多名物のゴマサバも新メニューに追加され、定番の水炊きやこだわりの鶏料理と合わせて、さらに充実したメニューとなります。


店主さんが厳選した素材を丹念に料理されていますので、ご興味のある方はぜひ訪れてみてください。


博多水炊き大和(やまと)

810-0801

福岡県福岡市博多区中洲3-7-24 ゲイツビル7F

http://mizutaki-yamato.com/