FullSizeRender

【2019年4月23日追記】地元枠として、ふくおか官兵衛Girls山崎賢一が追加。
https://miyaki-mfes.com/artists


2019年5月26日(日)、佐賀県三養基郡みやき町の中原公園 野球場において、「みやき MUSIC FESTIVAL 2019」が開催されます。

PUFFY、DJKEIN、nobodyknows+、ハジ→、HAN-KUN from湘南乃風、The BK Sound、Ms.OOJA、MOOMINなどの豪華アーティストたちによるライブや、吉田兄弟による三味線+九州を代表する花火師による花火+プロジェクションマッピング「みやき食道楽」や 「みやき酒蔵市」など、ご来場いただいたみなさまに楽しんでいただける催しが用意されています。

人口2万5000人の小さな町で、花〟〝食〟〝酒〟〝音〟のお祭りを初開催です。


[INTRODUCTION]

佐賀県みやき町で〝花〟〝食〟〝酒〟〝音〟。
九州は佐賀県東部に位置する人口二万五千人ほどの小さな町です。
〝花〟大輪のひまわりのような花火が夜を彩る、趣向を凝らした演出。
〝食〟佐賀牛、筑後川のエツ、綾部のぼたもち...ここでしか食べられない美味・珍味が集う「みやき食道楽」の開催。
〝酒〟屈指の酒蔵が集うこの地域ならではの日本酒が存分に楽しめる「みやき酒蔵市」の開催。
〝音〟さまざまなジャンルのスペシャルな出演者で最幸の音の空間を演出。
小さな町でもこんなにも魅力があり、ここまでできる! そんな〝おもい〟を胸に、いままでみたことのない〝祭り〟に挑戦します。

PUFFY
大貫亜美 吉村由美
1996年、奥田⺠生プロデュースによるシングル「アジアの純真」でPUFFYとしてデビュー。その後、「これが私の生きる道」「サーキットの娘」「渚にまつわるエトセトラ」etc を次々とヒットを連発。全米NO.1アニメチャンネルである「カートゥーン・ネットワーク」にて、彼女たちを主人公にしたアニメ番組「ハイ!ハイ!パフィー・アミ ユミ」が世界110カ国以上で放送されるなど、日本のポップ・アイコンとして、世界を舞台に活動中。
PUFFY

DJKEIN
DJ&MC、トラックメーカー。東京生まれ沖縄在住。EDM、REGGAE、HIPHOP、ROCKといったジャンルレスで幅広い選曲と独特のMCスタイルで国内外問わず数々のイベントに出演中。MOOMIN、RYO from ORANGERANGE、その他アーティストのトラック制作及びプロデュースを手がける。レギュラーイベントでは第三火曜日 「FREAK」@ジニアス東京 不定期に沖縄を中心に「GRIND」に出演中。MIX CD “PARTY ALL THE TIME ROUND 2 Mixed by DJ KEIN”好評発売中。 現在アルバム製作中。
DJ DJ KEIN twitter https://twitter.com/djkein
DJ KEIN website http://www.djkein.com
DJKEIN

nobodyknows+
メンバー:Crystal Boy、ヤス一番?、ホクロマン半ライス!!!、 ノリ・ダ・ファンキーシビレサス、DJ MITSU
名古屋在住、4MC+1DJからなるヒップホップグループ。1stフルアルバム『Do You Know?』がオリコンチャート初登場より2週連続1位を獲得、80万枚を超える大ヒットとなり、2004年 NHK紅白歌合戦にも出場。HIP HOPアーティストとしては史上初となる全国47都道府県ツアーなども実施。2ndフルアルバム『5MC&1DJ』、3rdフルアルバム『vulgarhythm』、ベストアルバム『best of nobodyknows+』と、2010年までにベスト盤を含む4枚のフルアルバムをソニーミュージックより発表。結成当初より地元名古屋を拠点としていた為、2011年より名古屋の Sigma Sounds Studioに移籍。中日ドラゴンズとのコラボレーションを始め、より地元に根ざした活動を展開。愛知県より『あいち音楽大使』を委嘱。2013年、フルアルバム『nobodyknows+ is dead?』、2015年、ミニアルバ ム『PLATINUM 4』、そして2017年、世界中を沸かせたあの『ココロオドル』のリミックスバージョンを収録した待望のフルアルバムとなる『THE FIVE WAYS』をリリース。
nobodyknows+

ハジ→
2013年3月、シングル『Only One。』で待望のメジャーデビュー。 2015年4月、シングル「君と。」をリリース。レコチョク、iTunes、Uta-Netなどダウンロード系デイリーランキ ング等で12冠を達成。10月7日、同曲収録の、初のオールタイムベスト『ハジベスト。』をリリース。オリコンウィークリーランキングで自身最高位となる4位を記録。2016年の初シングル曲「絆。」は配信サイト1位を獲得。 2017年、ハジ→史上最大規模となる全国12ヶ所12公演のホールツアー「超ハジバム3。ツアー」を完走。1年間で 全国47都道府県でのワンマンツアーも行い、各地で完売続出する。12月13日、ハジ→初のコラボベスト!「コラボ de ハジベスト。」をリリース!収録曲「ラブレター。feat.井上苑子」が、LINE MUSICデイリーランキング1位を 記録。2018年12月5日、LINE MUSIC ウィークリーチャート1位を記録した先行配信楽曲「カタオモイ。」を収録したNEW ALBUM「超ハジバム the FINAL。〜さらば平成〜」をリリース。2019年は2月11日より、ハジ→(84)だけに8周年のアニバーサリーツアー「8周年Year幕開けTOUR→♪♪♪♪。〜新たなハジ→まり2019〜」を開催する。 10,000%現場叩き上げの圧巻のLIVEパフォーマンスと「ラップするように歌い、歌うようにラップする」ハジ→の スタイルは、まさに「シンガーソング・エンターテイナー」を自称する唯一無二のハジ→ワールドである。
IMG_7597

HAN-KUN from湘南乃風
その歌声、歌唱スキルはまさに“VOICE MAGICIAN”、HAN-KUN。ソロとしても、湘南乃風のボーカリストとしても、唯一無二のその歌声で多くの音楽ファンを魅了する。現在も(もちろん!)継続中のレゲエの約束の地・ジャマイカと日本のタイムラグのない往復、客演として数多のコンピ・アルバムや他アーティストの作品に継続的に参加、 さらに単独クレジットによる野外フェスからクラブまで昼夜を問わぬ圧倒的な本数のステージを経て、ソロ・アクトとしても不動の地位を築き上げるHAN-KUN。〈ハードコアなかけ合いもできてサビも歌える自分だけのスタイル〉 を極めようとメッセージし続けている。Dee Jayとしての意識は高く、RUB-A-DUB(ラバダブ)と呼ばれるダンスホール流儀のフリースタイルを得意としていることも現場を知る人なら周知の事実である。その名が表す通り、高音 域を駆使した特徴的なマジック・ヴォイスの持ち主、“VOICE MAGICIAN”ことHAN-KUNの2019年はソロ活動10周年の後半となり、更に目が離せない。
HAN-KUN

The BK Sound
レゲエセレクター、プロデューサー。湘南乃風のBack Selecterとしての活動、ソロとしては2010年に1 st Album 「One」をリリースしメジャーデビュー。2011年に2nd Album「Two」、2012年、Mongol800のKIYOSAKUとの コンビ、”上江洌.清作&The BK Sounds!!” 名義でジャマイカ録音アルバム「アイランド」をリリース。 2014年に「アイランド2」をリリース。
2015年、SONPUBとのDJユニット”Monster Rion”を始動。
2017年、Monster Rion 1 st Album「Message」をリリース。 オーディエンスを一つにまとめ上げる現場感とバイブスで現場をロックするセレクター。
TheBKSound

Ms.OOJA
仲間由紀恵主演のTBS系金曜ドラマ「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜」主題歌に「Be...」が大抜擢され、その人気が一気に広がり100万ダウンロード、オリコンアルバムデイリーチャート初登場1位を獲得など華々しい記録を打ち立て、人気を博したMs.OOJA。昨年10月には、真矢ミキ・貫地谷しほりなどの豪華著名人との共作詞で制作された初のコラボレーション作品「Stories」をリリース。 宇多田ヒカルや美空ひばりも同じ特性を持つ、人にヒーリング効果を与える声と言われている「1/fのゆらぎ」のシルキーボイスの持ち主。
MsOOJA

MOOMIN
「ジャパニーズ・レゲエ」という言葉すらなかった頃からいち早くメジャーフィールドに切り込み、常にシーンを切り開いて来た中の一人。レゲエにヒップホップやR&Bといったさまざまなジャンルを果敢に取り込みながら、最大の魅力であるトーンの高いスウィートな声質と美しいメロディーで、レゲエの枠を超えた幅広い層に指示され、人気・ 知名度共に日本最高峰のレゲエ・シンガーとしてその存在を確立している。現在は神奈川県、湘南から沖縄に拠点を移し全国で精力的にライブ活動中!6年ぶりのアルバム「空き地のヒーロー」をリリース!近年は個人での活動はもちろん、沖縄で結成されたハイブリッドアコースティックトリオ “さんらいず”でも絶賛活動中!
MOOMIN


吉田兄弟
吉田良一郎 1977年7月26日生
吉田健一 1979年12月16日生 北海道登別市出身。
ともに5歳より三味線を習い始め、1990年より津軽三味線奏者 初代佐々木孝に師事。 津軽三味線の全国大会で頭角を現し、1999年アルバム「いぶき」でメジャーデビュー。 邦楽界では異例のヒットを記録し、以降、現在まで13枚のアルバム他をリリース。 2003年の全米デビュー以降、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニア等、世界各国での活動や、様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。
2016年6月、吉田兄弟×MONKEY MAJIKのコラボ・シングル「criminal」が発売。 2017年は、400万回再生された話題のRed Bull WEBムービー ジェーソンポールの新作に楽曲を提供したり、映画 「KUBO クボ二本の弦の秘密」オリジナル・サウンドトラック日本語吹替え版主題歌:吉田兄弟カヴァーによる 「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」を手掛ける。
2018年2月7日には両曲を収録したアルバム「Cool Spiral / WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」を発売&配信している。 また近年、良一郎は代表的な和楽器(三味線・尺八・箏・太鼓)による学校公演を中心とした新・純邦楽ユニット『WASABI』を始動させ、健一は若手トップクラスの奏者が集結した津軽三味線集団『疾風』をプロデュースするなど個々の活動の幅も広げ、日本の伝統芸能の枠を超えて、ワールドワイドに活躍できるアーティストとして期待されている。
IMG_7595

「みやき MUSIC FESTIVAL 2019」 
公式webサイト:https://miyaki-mfes.com/
日時:2019年5月26日(日)開場10:00/開演/10:30/終演20:30(予定)
会場:中原多目的広場 野球場(佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀5905-1)
チケット発売:2019年3月20日(水)
入場料:前売り:一般4,000円、中高生2,000円、小学生以下無料
当日:一般5,000円、中高生3,000円、小学生以下無料(予定)
主催:みやき MUSIC FESTIVAL 2019実行委員会
協賛:ボートピアみやき
企画・制作:株式会社光組
協力:NPO法人GREENʼS
後援:みやき町、上峰町、他
アーティスト:PUFFY、DJKEIN、nobodyknows+、ハジ→、HAN-KUN from 湘南乃風、TheBKSound、Ms.OOJA、MOOMIN、 吉田兄弟、&more
お問い合わせ:みやき MUSIC FESTIVAL 2019実行委員会
0120-144-503
official@miyaki-mfes.com