FullSizeRender

2019年7月9日(火)、福岡市中央区舞鶴のDRUM LOGOSにて、「God Save The Queen Japan Tour 2019」が開催されます。

God Save The Queenが初来日した2017年、そして2018年全国ツアーよりさらに規模を拡大した、3年連続の日本公演です。



[INTRODUCTION]

God Save the Queenは1998年にアルゼンチンで結成された4人組。
南米を拠点に欧州やインド等、世界30カ国でライブを行い、これまでに80万人超を動員。
地元ではアリーナ・クラスで単独公演を行うほどの人気を呼んでいる。

世界中のクイーン・ファンに支持され続けるGod Save The Queenの魅力は、なんといってもその“そっくり度”。

メンバー全員が1981年のクイーン初アルゼンチン公演でノックアウトされたという筋金入りのマニアでもあり、中でもボーカルのパブロ・ペイディンは、声域、出で立ちや雰囲気、一挙手一投足までもが、生き写しかとも見紛うほど。
完成されたステージデザインの中で、フレディ・マーキュリーの生き写しのようなパブロ・ペイディンが届けるパフォーマンスは必見だ。

メンバーたっての希望で実現した2016年9月の初来日公演では、全員でシンガロングする「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」で泣き出す人が続出するなど、目の肥えた日本のクイーン・ファンを完全に魅了。
公演終了後には招聘元に再演のリクエストが多数寄せられ、2年連続で来日ツアーが実現している。

2018年11月に公開されたバイオグラフィ映画『ボヘミアン・ラプソディ』が世界各国で称賛を浴び、日本でも160万人を動員する大ヒットを記録。音楽伝記映画で興行収入が1位を記録するなど、まだまだ記録更新中だ。

ローリングストーン誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称え、フレディのパーソナル・アシスタントを長年勤めたピーター・“フィービー”・フリーストーンが「フレディが蘇り、とても感動した!」と絶賛した世界No.1のクイーン・トリビュートバンド「God Save the Queen」。

その感動を2019年のジャパン・ツアーでぜひ体感してください!

God Save The Queen Japan Tour 2019
公演日:2019年7月9日(火)開場:18:15 開演:19:00
会場:DRUM LOGOS(http://www.live-drum.com/
所在地:〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-25
価格:6,900円(税込)スタンディング
※未就学児童入場不可 ※枚数制限4枚 ※福岡公演は別途要1ドリンク(500円)
一般発売:決定次第お知らせ(https://gsq-japan.com/) 
発売場所:ローソンチケット/チケットぴあ/イープラス
問い合わせ:ランド 092-710-6167(平日 12:00〜18:00)
※記載内容は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。