201789 日(水)~910日(日)までの期間、福岡市博多区の JR博多シティのアミュエスト1FPOPUP STAGE にて、アメリカ ・サンフランシスコ発のチョコレートバー「ダンデライン・チョコレートPOP UP SHOP」が期間限定でオープンします。


ダンデライオン・チョコレートは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作る、世界でも数少ないお店のひとつです。

チョコレートの試食もできて、カカオ豆とその皮を取り除いたカカオニブもいただくことができ、チョコレート本来の風味を味わうことができました。


九州初となる今回の期間限定店舗では 、日本の旗艦店である東京・蔵前のファクトリーで一枚一枚丁寧につくられたチョコレートバーのほか、ミルクアイスクリームにホットチョコレートシロップをかけた暑い夏ならではのダンデライオン・アフォガート、福岡・平尾のコーヒーロースター MANLY COFFEEの豆を使用したカカオニブ・コールドブリューなど、限定商品も多数用意されています。


また 期間中は蔵前のファクトリーで働くチョコレートメーカーによるクラスの他に、地元の関係企業とのペアリングイベントなど、

ワークショップも開催される予定だそうです。


興味がある方は、ぜひ足を運んでみてください。


[イベント概要]

店名 : ダンデライン・チョコレートPOP UP SHOP

業態 : チョコレートバー&カフェ
期間 : 2017年89日(水)~ 910日(日)
場所 : アミュエスト 1 POPUP STAGE

営業時間 : 10:0021:00 L.O 20:30 

https://www.jrhakatacity.com/event/e_00689.php

https://dandelionchocolate.jp/201707popupshop/


[ダンデライオン・チョコレート 概要]

トッド・マソニスとキャメロン・リングによって2010年に創設。 元々IT起業家だった2人は、2008 年に共同運営していたWEB事業 売却を機に、友人のガレージを借りてカカオ豆からチョコレートを作り始めた。 100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、あ り合わせの機械で本物のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果が、素材本来の個性を引き出すことにこだわり抜いた Bean to Barチョコレートでした。ダンデライオン・チョコレートでは、使用するカカオ豆の生産者である農家をすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行った上で、輸入しています。またBean to Bar を作るすべての工程を可視化し、透明性の高いビジネスを行っています。20162月に東京・蔵前に 日本1号店をオープンし、三重・伊勢外宮、神奈川・鎌倉の3 店舗を展開しています(20177月現在)。ダンデライオン・チョコ レートは、Bean to Barをムーブメントから文化として根付かせることを目指しています。