春吉の「藁焼みかん(わらやきみかん)」に再訪しました。

前回はテーブルでしたが、今回は調理の様子が見えるカウンターの特等席に座ることができました。

大将といろいろお話もできて、店名のみかんの由来は誰もが親しみを覚えるみかんという話、でもご実家はイチゴの栽培をされている話など、面白い話を聞かせていただきました。

大将と共感したのは、「飲食店は特別な空間でないといけない」ということ。

味はもちろん、内装、雰囲気、接客など、行ってよかったと思える体験や時間にお金を払うのだと思います。

料理は鴨もものほうば焼き、アナゴなどの刺身の盛り合わせ、えいひれなどをいただきました。

今夜も美味しかったです。