10/4(火)、太宰府市の九州国立博物館の特別展「京都 高山寺と明恵上人 特別公開 鳥獣戯画」が開幕しました。


1994年に世界遺産(古都京都の文化財)に登録された京都の高山寺(こうさんじ)、その高山寺を鎌倉時代に再興させた明恵上人(みょうえしょうにん) にまつわる名宝と、高山寺でもっとも有名な国宝「鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)」を展示しています。


2009年から4年間をかけて修理された「鳥獣戯画」全4巻は、九州初登場です。


それ以外にも多くの国宝や重要文化財も展示されています。


ぜひ、明恵上人にまつわる名宝と「鳥獣戯画」をご覧になってみてください。


会期は11/20(日)まで。


▼九州国立博物館:特別展「京都 高山寺と明恵上人 特別公開 鳥獣戯画」

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s45.html


▼特別展「京都 高山寺と明恵上人 特別公開 鳥獣戯画」特設サイト

http://chojugigakyushu.jp/