9/3(土)から10/10(月/祝)の間、中洲川端駅近くの福岡アジア美術館で「アートたけし展」が開催されています。


ビートたけしさんの絵画、版画、コラージュ、オブジェ作品など、約100点を展示しています。


「みんなに喜んでもらえるのなら」というたけしさん本人の発案により、開催が決まった展覧会です。


作品にはタイトルがありませんが、以下の主なコーナーに分かれています。


●ヘンな人たち たけしにとって人間はこう写る

●どこかにある世界 見えているもの、決して見えないものを描く

●カネとオンナとクルマ たけしが描きたくなる3つのモチーフ

●立体調査 三次元にすることで表せる何か

●たけしの版画 彫り、刷り、塗る世界

●北野武とビートたけしとアートたけし

●拝啓、アートたけしさま 


人物や車、分解された機械、ちょっとエッチな電気仕掛けのオブジェなど、たけしさんの子どものような感性で描かれた作品が並んでいます。


また北野武監督として受賞した、ヴェネチア国際映画祭での金獅子賞や銀獅子賞、フランスの芸術文化勲章シュバリエ、同最高賞であるコマンドールも展示しています。


アートたけしの世界、どうぞお楽しみください。


▼アートたけし展:福岡アジア美術館

http://art-takeshi-fukuoka.com/