IMG_5768

2018年12月27日(木)〜2019年1月7日(月)の期間、博多阪急 8階催場にて「連載40周年記念 ガラスの仮面展」が開催されます。

[INTRODUCTION]

2016年に連載40周年を迎えた漫画「ガラスの仮面」。
未だに完結していないことから、多くの人がストーリーのクライマックスを待ちわびる不動の名作です。
本展では、1976年連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む計300点以上を一堂に展示し、名シーンを振り返ります。

IMG_5771

IMG_5772

開幕前には、美内すずえ先生による報道陣へのあいさつがありました。

▼美内すずえ先生
「北島マヤのモデルは、映画「王将」の坂田三吉です。ほかのことはダメだけど、ひとつのことには天才的な力を発揮する、そんな登場人物を描いてみたかったです。ガラスの仮面のラストは決まっています。これを早く描きたいと思っています。私も元気に描きますので、どうかみなさまも元気にラストまでお付き合いくださいませ。きっといいラストになると思います」
IMG_5767

▼「プロローグ」ゾーン
IMG_5764

▼「戦いの舞台へ」ゾーン
IMG_5763

IMG_5761

▼白目シーンを集めたコーナーも。
IMG_5762

▼「画業50周年 美内すずえの世界」コーナーIMG_5770

▼美内すずえ先生のデビュー作「山の月と子だぬきと」(1967)
IMG_5758

▼「紅天女」ゾーン
IMG_5755

IMG_5760

IMG_5759

▼グッズ販売所。展覧会オリジナルグッズの販売もあります。
IMG_5769

IMG_5766

IMG_5765

▼博多阪急内のカフェ・レストラン4店舗で限定コラボメニューをお楽しみいただけます。
IMG_5757

開幕日となる12月27日(木)には、美内すずえ先生のサイン会も開催されました。

IMG_5753

IMG_5754

「連載40周年記念 ガラスの仮面展」、ぜひ足を運んでみてください。

博多阪急「連載40周年記念 ガラスの仮面展」
期間:2018年12月27日(木)〜2019年1月7日(月)※催し最終日は午後5時閉場
場所:博多阪急 8階催場
入場料:一般900円、高校・大学生700円、中学生以下無料