FullSizeRender


【2018年3月29日追記】「HANAMI2050」お披露目会の記事はこちら。
http://fukuokano.net/event/23131774.html


2018年3月29日(木)​~4月1日(​日)​、福岡県太宰府市の太宰府天満宮にて、Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)さん展覧会「Nicolai Bergmann HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う- Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」が開催されます。

ニコライさんが太宰府天満宮で展覧会を行うのは、2014年10月「伝統開花」、2016年6月「新花」に続いて3回目です。

▼「新花 −SHINKA−」2016の記事はこちら。

▼「新花 −SHINKA−」×九州国立博物館の記事はこちら。

▼「伝統開花」2014の記事はこちら。

会場は2014年の1会場、2016年の3会場からさらに増え、今年は太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社、柳川藩主立花邸 御花の4会場で同時開催します。

太宰府天満宮ほか全4会場 ニコライ バーグマン最大規模の展覧会

今回の4月の花見の季節にニコライさんが選んだテーマは「未来の花見」です。
誰も見たことのない32年後の花見を、その独特の世界観と感性で、100点以上の最新作が会場をピンクに染め上げます。
花に組み合わせるのは、デジタルコンテンツや、リフレクション、インスタレーションアート。
日本人が愛してやまない花見の”未来”へ想いを馳せて。春の華やぎが訪れる中、コンテンポラリーなスタイルで、驚きと感動をお届けします。

ニコライ バーグマンが挑む「未来の花見」 制作風景

ニコライさんが提案する2050年の未来の花見、ぜひご体験してみてください。

「Nicolai Bergmann HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う- Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」
日時:2018年3月29日(木)〜4月1日(日)9:00〜17:00
※開催時間は、一部会場により変更の場合あり

夜間展示(ライトアップ)
太宰府天満宮・宝満宮竈門神社
3月30日(金)・31日(土)19:30最終入場 - 20:00終了

柳川藩主立花邸 御花
3月30日(金)20:30最終入場 - 21:00終了

場所:太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社、柳川藩主立花邸 御花

入場料:野外展示 無料/屋内展示全館共通 1,000円(税込)
※12歳以下は入場無料

▼詳しくは「HANAMI2050」公式サイトをご覧ください。