1/12(木)、福岡空港国内線のターミナルビル2 階「the foodtimes(ザ フードタイムズ)」に、「博多カレー研究所『博多とんこつあごだしカレー』」がオープンしました。


the foodtimes(ザ フードタイムズ)」は 2019年春の完成へ向けてリニューアル中の福岡空港国内線ターミナルビル「greenblue(グリーンブルー)」に誕生した、全 350 席、約1,000 平方メートルの大型フードホールです。


「博多カレー研究所」は、あまおう苺入りどら焼きで有名な「伊都きんぐ」が福岡空港の新名物を目指して出店したお店で、 とんこつとあご出汁がマッチした"博多とんこつあごだしカレー"を新たに開発されました。


カレーのメニューは、"博多とんこつ「旨あご」カレー"と"博多とんこつ「激にぼ」カレー"の2種類。

「旨あご」はとんこつ+あご、「激にぼ」はとんこつ+にぼしの出汁でカレーを作っています。


この日は"博多とんこつ「旨あご」カレー"に焼きネギとゴボウ天をダブルトッピングしたものをいただきました。カレーに焼きネギとゴボウ天のトッピングは珍しかったです。


ミニチラシ「美味しい、お召し上がり方」も配布されています。


店内に貼られた「『悔しさ』を感じないカレーを作りたい!」の思い、ぜひご堪能ください。


博多カレー研究所「博多とんこつあごだしカレー」

場所:福岡市博多区大字下臼井782番地1 福岡空港 国内線2F the foodtimes(ザ フードタイムズ)」内

営業時間:8:00 21:30(オーダーストップ 21: 00

電話番号:092-621-1052

http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail1838.html