映画『ランボー ラスト・ブラッド』

2020年6月26日(金)より、映画『ランボー ラスト・ブラッド』が全国ロードショーとなります。

【公式】『ランボー ラスト・ブラッド』6.26公開/本予告

[INTRODUCTION]

元グリーンベレーの真骨頂。
史上最強の頭脳戦が今、はじまるー
最強の一人軍隊VS最凶のメキシコ人身売買カルテル。
これが、最後の血戦。

かつてアメリカ陸軍特殊部隊、通称グリーンベレーの兵士として、ベトナム戦争を生き抜いたジョン・ランボー。

帰還してからはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされながらも、伝説の戦闘マシンとして、世界各地で戦いに身を投じてきた。

そんなランボーも今ではアメリカに帰国し、故郷アリゾナの牧場を営みながら、古くからの友人のマリアとその孫娘のガブリエラと、“家族”として平穏に暮らしていた。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像2

ところが、自分を捨てた実の父親がメキシコにいると知ったガブリエラが、ランボーの反対も聞かず一人で危険な地に踏み込み、人身売買カルテルに拉致されてしまう。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像4

怒りに燃えるランボーは、最愛の“娘”を救出し、一味への復讐を果たすため、元グリーンベレーのスキルを総動員し、戦闘準備を始める──。

ジョン・ランボーには、アカデミー賞に3度ノミネートされ、『クリード チャンプを継ぐ男』でゴールデン・グローブ賞を受賞した、ハリウッドのトップスター、シルベスター・スタローン。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像6

マリアには、『バベル』でアカデミー賞にノミネートされたアドリアナ・バラーサ。

ガブリエラには注目の新星、イヴェット・モンレアル。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像3

天涯孤独だったランボーが初めて手にした“家族”を守り抜くためのパーソナルな戦い、そこには人間ランボーのリアルな姿があった。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像5

たとえランボーといえども、歳月の流れには逆らえない。

その衰えた肉体を、変わらぬ熱い魂と叩き込まれた戦闘エリートの技術でカバーしながら戦う、まさに“今”のランボーに胸を熱くせずにはいられない。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像7

さらに最大の見どころは、一人でメキシコの極悪カルテルを制するために、自作の巨大地下壕に容赦なく仕掛ける、高度に設計された壮絶な罠の数々。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像1

スタローンが「必ずや観客にシリーズ初の驚きを与える」と豪語する、ランボー史上最高の頭脳戦が幕を開ける!

映画『ランボー ラスト・ブラッド』サブ画像8

映画『ランボー』で1982年に初登場してから約40年、ハリウッド史上最高峰のアクションヒーローとして憧れと称賛を集めてきた<ジョン・ランボー>。

デイヴィッド・マレルの小説をもとにしたキャラクターで、武器、格闘、サバイバル術、ゲリラ戦の達人だ。

そんなランボーが元上官の助けによって、その恐るべき破壊的才能に新たな目的を見つける姿に全世界が熱狂。

『ランボー』はシリーズ化されて、『ランボー/怒りの脱出』(85)、『ランボー3/怒りのアフガン』(88)、『ランボー 最後の戦場』(08)と全作が大ヒットを記録した。

そして遂に、稀代のシリーズ最新作では、最も評価の高い第1作に立ち返るべきだと、スタローンとプロデューサー陣、エイドリアン・グランバーグ監督は決意した。

第1作『ランボー』の原題『FIRST BLOOD』のアンサータイトルとして『ラスト・ブラッド』を冠した、原点回帰にして最終章、ここに完成!

映画『ランボー ラスト・ブラッド』メイン画像

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ポスター

映画『ランボー ラスト・ブラッド』 
2020年6月26日(金)全国ロードショー 
監督:エイドリアン・グランバーグ
脚本:マット・サーアルニック&シルベスター・スタローン
ストーリー:ダン・ゴードン&シルベスター・スタローン
キャラクター原案:ディヴィッド・マレル
キャスト:シルベスター・スタローン、パス・ベガ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、アドリアナ・バラーサ:マリア・ベルトラン、イヴェット・モンレアル、オスカル・ハエナダ
原題:RAMBO:LAST BLOOD
2019年/アメリカ・スペイン・ブルガリア合作/シネスコ/カラー/5.1CHデジタル/R15+
提供:ギャガ、ポニーキャニオン
配給:ギャガ
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.