キノシネマ天神

2020年6月11日(木)、福岡市中央区警固の商業施設「カイタックスクエアガーデン」内に、映画館「kino cinéma 天神(キノシネマ天神)」がオープンしました。

kino cinémaとしては、2019年4月に開業した「kino cinéma 横浜みなとみらい」、6月に開業した「kino cinéma 立川髙島屋 S.C.館」に次ぐ3番目の映画館となり、九州への出店は初となります。

現在、COVID-19対策を実施中です。

シアター1〜3までの3スクリーンを備え、座席数は各87席の計261席(別途、車椅子が各2席ずつ)。

ミニシアター系作品を中心に、世界各国の様々な作品をコアターゲット作品からファミリー向け作品まで、シネコンとは一線を画すラインナップ幅広く上映する予定です。

3D作品にも対応しています。

劇場全体にパリのホテルをイメージ
キノシネマ天神の外観

キノシネマ天神入口。
キノシネマ天神の入口

内観もパリのホテルを思わせます。
キノシネマ天神のロビー

入口横の受付コーナー。
キノシネマ天神の受付

ドリンク販売のコーナーも併設。
キノシネマ天神のドリンクコーナー

COVID-19対策として、ドリンクはストローの袋を破かずに提供。
キノシネマ天神でドリンク購入

ロビー全景。
キノシネマ天神のロビー

キノシネマ天神のロビー

ロビー上部のシャンデリア。
キノシネマ天神のシャンデリア

上映作品のポスターが掲示されています。
キノシネマ天神のポスター掲示板

休憩コーナー。
キノシネマ天神の休憩コーナー

シアター入口。
キノシネマ天神のシアター入口

シアターは3つ。レッドカーペットが敷かれています。
キノシネマ天神のレッドカーペット

避難経路図に、シアター内部の図が描かれています。
キノシネマ天神のシアター図

「THEATER 1」の表示。
キノシネマ天神のシアター

シアター内部のスクリーン。
デジタルシネマプロジェクターはクリスティ社製。3Dシステムは、XpanD社製を使用。
キノシネマ天神のシアター内部

各シアター89席(車椅子2席)。
シートは、コトブキシーティング社製 CN552642 タイプの背ロッキング特注品。
音響はリニア PCM7.1ch、フランス TRINNOV 社製 シネマサウンドプロセッサーを使用。
ステージスピーカー及びサブウーファーは、QSC社製サラウンドスピーカーとイースタンサウンドファクトリー社製。
キノシネマ天神のシアター内部

キノシネマ天神のポスター掲示板

トイレにはポパイとオリーブのイラスト。
キノシネマ天神のトイレ

劇場スペック
シアター1〜3共通
各89席(車椅子2席):コトブキシーティング社製 CN552642 タイプ背ロッキング特注品
デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製
デジタルシネマサーバー:GDC テクノロジー社製
音響:リニア PCM7.1ch、フランス TRINNOV 社製 シネマサウンドプロセッサー
スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製
3Dシステム:XpanD社製

キノシネマ天神のスクリーン

kino cinéma 天神
(キノシネマ天神)
〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固1-15-38
カイタックスクエアガーデン 1号棟3F