映画「地獄少女」玉城ティナさんインタビュー

2019年11月15日(金)より、映画「地獄少女」が全国ロードショーとなります。

【公式】『地獄少女』11.15Fri公開/本予告

本作で美しく謎めいた地獄送りの処刑人・閻魔あいを演じた玉城ティナさんにインタビューしました。

―原作との出会いはいつですか? 閻魔あい役をオファーされ、どう思いましたか?

小学生のころ「なかよし」で読んでいました。その後コミックスも読みました。
少女マンガにはなかなかないキャラクターが主役のマンガだったので好きで印象深い作品でした。
まわりの友達も読んでいました。
閻魔あい役のお話をいただき、「ええ?!まさか!あの?」と驚きました。

―閻魔あいのキャラクターについて、どんな人物像だと解釈しましたか?

地獄に人を流すという仕事をしながら、きっとどうにかしたいけど、どうにもできずに、人の怨みを何百年も見続けてきている。
感情として表に出すことはないけど、そんなやるせない思いを抱いているんだろうと考え、そこが伝わるといいな、と思いました。

―役作りについて、気をつけたことは? 決め台詞「いっぺん、死んでみる?」の言い方についてはどう演じられましたか?

声の出し方や、イントネーションはアニメを参考にしました。
そもそも「いっぺん、死んでみる?」は問いかけではなく、(「NO」という選択肢はないので)通達なんですよね。
しかも通常は 「いっぺん、死んでみる」の「いっぺん」が高くて「死んでみる」は低く発音すると思うのですが、閻魔あいは「死んでみる」の方を高くする。独特ですよね。
なので、「問う」というより、圧倒的な決め台詞感を色濃く出しました。

―監督とのお仕事は2作目になりますが、ご感想は?

監督の作品では 前作の『貞子vs伽椰子』のおびえる役から、今回はおびえさせる、恐れられる方の役になりました。
閻魔あいの演出については、基本、まず私の考える閻魔あいを演じると、監督のイメージする閻魔あいに微調整してくださる、という形で作って行きました。演じ方に細かく修整を、というより、「見え方」に細心の注意を払って演出してくださっているようでした。髪のかかり方ひとつにも気を使っていました。

―撮影で苦労したこと、印象的なエピソードがあったら教えてください。

今回、「受け」の演技が多かったのですが、相手の方が泣いたり、叫んだり感情を高ぶらせているのを間近に見ながらリアクションしないというのが、今までにない経験でした。
美保ちゃん(森七菜さん)が激しく、私の手から藁人形を奪い取るようなシーンもあるのですが、そんなときも動揺したり、びっくりしたりといったリアクションを全くせず、無表情で乗り切りました。
「受けない」という「受け」のお芝居でした。

―三藁(さんわら)のみなさんの印象は?

みなさん、イメージしてた通り、それ以上の「輪入道」「骨女」「一目連」で、特殊メイクでより一層凄みを増すので、迫力負けしないよう頑張りました。

映画「地獄少女」

―そもそもホラー映画はお好きですか?

もともと凄く苦手だったのですが、最近観られるようになってきました。
「イット・フォローズ」とか「ゲット・アウト」とか、異色ホラーとか異色サスペンスは結構好きです。

―モデル・女優から歌・文筆業と幅広くご活躍の玉城さんですが、今興味を持たれていることは何ですか?

20代になりましたし、今できる、これまでやったことのない役に挑戦したいです。
(閻魔あいのような)キャラ性の高い作品ができるとお考えいただけるなら、そちらもやっていきたいですし、あとは、「個性の強い女の子」をやりたいですね。
ワニを飼ってる(岡崎京子さんの「ピンク」にでてくるような)とか、返りを受ける女の子とか。変った女の子。
本を読んだりしてる中で時々「この役やりたいな」というのもありますが、まだ主張したことはないです(笑)

―「地獄通信」が存在したら、アクセスしますか?

絶対アクセスしないです。その時許せない誰かを地獄に送っても、それで終わるとも限らないですし、自分の魂と引き換えなので割りに合わないかな、と(笑)

映画「地獄少女」

[玉城ティナさんプロフィール]

1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。講談社主催の「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14歳で「ViVi」の最年少専属モデルとなる。映画デビュー作は『天の茶助』(15)。『わたしに××しなさい!』(18)で初主演を飾る。主な出演作に「貞子vs伽椰子」(16)、「PとJK」(17)、「Dinerダイナー」(19)、「悪の華」(19)など。

映画「地獄少女」

映画「地獄少女」
2019年11月15日(金)全国ロードショー
監督:白石晃士
出演:玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、麿赤兒、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、森優作、片岡礼子、成田瑛基、藤田富、波岡一喜
脚本:白石晃士
原作者:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
製作者:NBCユニバーサル・エンターテイメント、藤商事、ギャガ、ギャンビット
上映時間:107分
製作国:日本
配給会社:ギャガ
©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会