FullSizeRender

2019年10月4日(金)より、映画「ジョン・ウィック:パラベラム」が全国ロードショーとなります。

「ジョン・ウィック:パラベラム」予告【10.4公開】

[INTRODUCTION]

数々の伝説で裏社会を震撼させてきた最強の殺し屋、ジョン・ウィックの鮮烈な復讐を、キアヌ・リーブスのキレ味鋭いアクションと、独自の世界観で描き一躍大ヒットシリーズとなった『ジョン・ウィック』。
ジョン・ウィック追放という衝撃のラストで終わった前作『ジョン・ウィック:チャプター2』から2年、過剰なまでの超絶アクションも、新たなキャラクターが加わった豪華キャストも驚異の進化を遂げて帰ってきた!

ジョン・ウィック:パラベラム:2

隠遁生活を送っていた伝説の殺し屋が、愛犬と愛車を奪われたことでロシアンマフィアを壊滅させる第一作。
かつて交わした血の誓印の掟によって再び修羅の世界に引き戻される第二作。

これまで一貫して、孤高の殺し屋の壮絶なる復讐を描いてきたシリーズから一転、ジョン・ウィックが反逆の逃亡者となる本作では、その独特の世界が大幅にスケールを広げている。

裏社会の頂点に立つ闇の組織:主席連合が、彼らの秩序を乱すジョンの粛清に乗り出し、これまでジョンに陰ながら協力してきた者たちも否応なく戦いに巻き込まれていく。

そして、敵、味方入り混じった数々の新キャラクターの登場と共に、ジョンの過去が次第に明らかとなる。
遂に、ジョン・ウィックと、かつて彼が忠誠を誓った世界そのものが全面抗争を繰り広げる、まさにシリーズのクライマックスといえる熱い展開が待っている。

『スピード』『マトリックス』シリーズに続き、本シリーズによって不死鳥のごとくアクションスターに返り咲いたキアヌ・リーブスは、本作で3度目のジョン・ウィック役に挑戦。
50代にして得た当たり役は、完全にキアヌと同化していると言っても過言ではない。

また、シリーズの主要メンバーも再登場。
ジョンと信頼関係を築くコンチネンタルホテル・ニューヨークの支配人ウィンストン役にはイアン・マクシェーンが、ホテルの敏腕コンシェルジュのシャロン役はランス・レディックが続投。

ジョン・ウィック:パラベラム:5

裏社会のさらに地下に潜む犯罪組織の王バワリー・キング役は、『マトリックス』シリーズでもキアヌとタッグを組んできたローレンス・フィッシュバーンが再度演じている。

ジョン・ウィック:パラベラム:6

さらに新キャラクターには、ジョンの旧知の元殺し屋ソフィア役に、オスカー女優ハル・ベリー。
本作では銃・格闘・犬(!)を駆使したドッグ・フーともいえる見事なCQC(近接戦闘)を披露している。

ジョン・ウィック:パラベラム:1

またジョンの育ての親のロシアンコミュニティの重鎮、ディレクターには、こちらもオスカー女優のアンジェリカ・ヒューストン。

ジョン・ウィック:パラベラム:4

ジョンの協力者を次々と軍門に下す主席連合の冷徹な裁定人役を、TVドラマ『ビリオンズ』のエイジア・ケイト・ディロンが演じている。

またジョンが隠遁している間に最強の暗殺者となったゼロを『ジェヴォーダンの獣』のマーク・ダカスコスが演じ、ジョンへの愛憎が入り混じる狂気の演技を見せている。

監督は引き続きスタントマン出身のチャド・スタエルスキ。キアヌとは『マトリックス』以来の盟友となるスタエルスキ監督は、前二作でも古今東西の戦闘術をミックスした驚愕のアクションを連発していたが、本作ではさらにパワーアップを果たした。

第一作の拳銃を使った格闘術“銃(ガン)・フー”、第二作の車を使った格闘術“車(カー)・フー”に続き、本作で披露される馬上で敵と戦う格闘術“馬(マー)・フー”、犬と共に戦う“犬(ドッグ)・フー”、刀やナイフ、本まで駆使した戦いや、鏡の部屋を使ったラストバトルまで、飽くなき趣向を凝らし続けるアクションにド肝を抜かれることだろう。

ジョン・ウィック:パラベラム:メイン

ジョン・ウィック:パラベラム:

前作の2倍の製作費をかけ、シリーズ最高の物量とアクションを注ぎ込むことで、過去のシリーズを遥かに超える作品となった『ジョン・ウィック:パラベラム』。

アメリカでは、興行収入3週連続1位と破竹の勢いで快進撃を続けていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』を首位の座から蹴落として初登場No.1となり、その後も、1作目の倍の成績となった前作の、更に倍という、シリーズを重ねるごとに大幅に数字が更新される驚異のスーパーヒットを記録。名実ともに世界的メガヒットシリーズの仲間入りを果たした。

ゲームやTVシリーズなどメディアの垣根を越えて広がり始めたジョン・ウィックワールドの集大成となるクライマックスを刮目して見届けろ!

[STORY]

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。
全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。
1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。
満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。
しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばして、ジョンを追い詰める。
 果たしてジョンは窮地を脱出し、再び自由を手にすることができるのか!?

映画「ジョン・ウィック:パラベラム」
2019年10月4日(金)全国ロードショー
原題・英題:JOHN WICK:CHAPTER 3 - PARABELLUM
出演:キアヌ・リーブス、ハル・ベリー、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンほか
監督:チャド・スタエルスキ
配給:ポニーキャニオン
※R15+
(R), TM & (c) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.