FullSizeRender

2019年9月13日(金)より、映画『僕のワンダフル・ジャーニー』が全国ロードショーとなります。

『僕のワンダフル・ジャーニー』予告第一弾

[INTRODUCTION]

『僕のワンダフル・ライフ』待望の続編が完成!
家族をひとつにするため、何度も生まれ変わる犬のベイリー
幸せな涙があふれ出す、犬と人間のラブストーリー!

2017年、一匹の犬とその飼い主の絆が、日本中に涙と笑いを巻き起こした。

何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主のイーサンが紡ぐラブストーリーが熱い感動を呼んだ、『僕のワンダフル・ライフ』だ。

1_8U24_5C_1_1653844_GRD005_1653844R_CROP

ひとあし先に旅立った最愛の犬が、自分にもう1度会うために生まれ変わってくる──

そんな物語に「犬の一途な姿に泣いた」「犬と人間の純粋な絆が愛おしい」などの絶賛レビューが飛び交い大ヒットを記録した。

あれから2年、ついに待望の続編が完成。

過去を悲しむことなく、未来を心配もせず、ただ今この瞬間を一緒に楽しく生きる、あの陽気でひたむきなベイリーが、日本に帰って来る!

長い旅路の果てにベイリーが見つけたものとは?
エミー賞に2度輝く女性監督が贈る感動の物語

前作に続きベイリーのモノローグを担当するのは、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッド。

イーサン役も前作からの続投で、『エデンより彼方に』のデニス・クエイド。

イーサンの孫娘のCJには、『アントマン』シリーズでアントマンの娘を演じて注目されたアビー・ライダー・フォートソン、成長してからのCJは『心のカルテ』のキャスリン・プレスコット。

2_8U24_TP1_00018L

3_8U24_D026_00476R

製作総指揮にまわってシリーズの世界観を支えるのは、前作の監督ラッセ・ハルストレム。

彼が信頼のバトンを渡したのは、TVシリーズ「モダン・ファミリー」でエミー賞に2度輝いたゲイル・マンキューソ。

イーサンとの約束通り、彼の孫娘のCJを懸命に守り抜くベイリー。

それはCJを幸せにするだけでなく、家族の絆をつなぐための長い旅路だった。果たして、旅の終わりにベイリーが見つけたものとは?

愛する人の手を離さないこと、それが人生を“ワンダフル・ジャーニー”にするコツだとベイリーが教えてくれる、温かな涙が止まらない感動の物語。

5_8U24_D023_00209R

[STORY]

僕の名前はベイリー、大好きなイーサンと初めて会ったのは、ゴールデン・レトリバーの子犬だった頃だ。

その犬生を終えた後も、イーサンに会いたくて3回も生まれ変わり、ようやく再会したイーサンの元へ、彼の初恋の人ハンナを連れて来たのさ。

月日が流れ、僕は田舎の農場でイーサンとハンナと満ち足りた日々を送っている。

ハンナの事故で亡くなった息子の奥さんグロリアと、彼女の娘で赤ちゃんのCJという新しい家族もできたよ。

ところが、グロリアが突然CJを連れて出て行ってしまった。
「私の子育てに口出ししないで」なんて吠えてね。

そんな中、お迎えがやって来た僕は、イーサンから「CJを守るために戻って来てくれ」という新たな使命を与えられる。

イーサンとの約束通り、何度も生まれ変わって僕がCJを守る!

CJと家族を幸せにするための新たな素晴らしい旅が、今始まる──!

4_8U24_D012_00039_00071R_COMP

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』
2019年9月13日(金)より全国ロードショー
出演:デニス・クエイド、キャスリン・プレスコット、ヘンリー・ラウ、マージ・ヘルゲンバーガー、ベティ・ギルピン、
ジョシュ・ギャッド(声)
監督:ゲイル・マンキューソ(TVシリーズ「モダン・ファミリー」)
脚本:W・ブルース・キャメロン&キャスリン・ミション、マヤ・フォーブス&ウォレス・ウォロダースキー
原作:W・ブルース・キャメロン
製作:ギャヴィン・ポローン(『僕のワンダフル・ライフ』)
製作総指揮:セス・ウィリアム・マイヤー、ラッセ・ハルストレム、ルーエン・ファン、ウェイ・チャン
配給:東宝東和
© Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.
公式サイト:http://boku-wonderful.jp