FullSizeRender

2019年8月23日(金)、映画『ロケットマン』が全国ロードショーとなります。

『ロケットマン』本予告

[INTRODUCTION]

グラミー賞を5度受賞、『ライオン・キング』の主題歌「愛を感じて」でアカデミー賞歌曲賞を受賞。
代表曲の「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」は世代を超えて歌い継がれている。

輝かしい功績で知られる伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンだが、その成功の裏には悲しくも壮絶なドラマがあった――。

彼の幼少期から鮮烈なデビュー、そして愛されたいと常にもがき続けた半生を美しく描いたのが『ロケットマン』だ。

RM-09580R2

エルトン自身が製作総指揮を手掛け、『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーを監督に迎えた。

主演は『キングスマン』シリーズで知られる英若手俳優タロン・エガ―トン。
劇中数々の名曲群を吹き替えなしで歌い上げ、圧巻のパフォーマンスを披露している。

誰からも愛されなかった少年は、いかにして世界中で愛され続ける名曲を生み出したのか・・・?

魂を揺さぶる、至高のミュージック・エンタテインメントが完成した!

[STORY]

I WANT LOVE ―
愛が欲しい、でも叶わない少年時代

イギリス郊外ピナー。
家に寄りつかない厳格な父親と、子供に無関心な母親。けんかの絶えない不仲な両親の間で、孤独を感じて育った少年レジナルド・ドワイト。

唯一神に祝福されていたのは彼の才能――天才的な音楽センスを見出され、王立音楽院に入学する。

その後、寂しさを紛らわすようにロックに傾倒する少年は、ミュージシャンになることを夢見て、古くさい自分の名前を捨てることを決意する。
新たな彼の名前は「エルトン・ジョン」だった。

RM_101218GB_00509R3

YOUR SONG ―
バーニーのいる人生は素晴らしい

レコード会社の公募広告を見て応募したエルトン(タロン・エガートン)。
同じく応募者のバーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)の美しい詩の世界に惚れ込み、インスピレーションを受けたエルトンがメロディを生み出す形で一緒に曲作りが始まる。

RM-11150R

そして、何気ない朝の食卓で生まれた一曲――彼の代表作として世界的に知られるスタンダード・ナンバー「ユア・ソング」が目にとまり、デビューが決まる。

RM-03321R2

LAの伝説的なライブハウス《トルバドール》でのパフォーマンスをきっかけにエルトンは一気にスターダムへ駆け上がっていく。

RM-23015R

ROCKET MAN ―
たった一人、燃え尽きていく

エルトンは、楽曲の完成度の高さと、観客を圧倒するパフォーマンス力で全世界にその名を轟かせていくも、心は満たされない少年時代のままだった。

RM-14579R2

彼を長年にわたってサポートしたマネージャーのジョン・リード(リチャード・マッデン)とは、恋人でもあったが、泥沼でもがくような関係を続け、いつも本当に必要とする相手から愛を得られないエルトンの心を深く傷つけた。

RM_101818GB_08780R2

売れ続けるプレッシャーとの戦いの中で、依存や過剰摂取に陥り、心身共に追い詰められる。

RM_20180720_GB_Rocketman_00879v2R3

GOODBYE YELLOW BRICK ROAD ―
虚飾の人生の先にある未来

成功と快楽に溺れ、堕落した生活を送るエルトンを前に、バーニーさえも彼の人生から遠ざかっていく。

絶望の淵に立たされたエルトンは、ライブ開始を待つ超満員のステージ裏で、ある選択をする。
それは思いも寄らない形で、彼の人生を大きく変えていくことになるのだった。

RM-16480R2

そして、今、感動のフィナーレの幕が開くのだった。

RM-FF-053

映画『ロケットマン』
2019年8月23日(金)全国ロードショー
監督:デクスター・フレッチャー(『ボヘミアン・ラプソディ』) 
製作総指揮:エルトン・ジョン
製作:マシュー・ヴォーン(『キングスマン』シリーズ)、デヴィッド・ファーニッシュ、アダム・ボーリング、デヴィッド・リード
出演、タロン・エガ-トン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン
2019年製作/121分/PG12/イギリス・アメリカ合作/
原題:Rocketman
配給:東和ピクチャーズ
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.