FullSizeRender

映画「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」が2018年8月24日(金)より全国ロードショーとなります。

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』予告

[INTRODUCTION]

大冒険ファンタジー、愛と感動の人間ドラマ、スペクタクルアクション!
この夏、映画の常識を変える新プロジェクト「ポノック短編劇場」が開幕!

第一回長編作品『メアリと魔女の花』が国内観客動員数266万人、全世界の上映が決定するなど、世界の映画シーンにおいて鮮烈なデビューを飾ったスタジオポノックから、この夏、新たなプロジェクトが始まります。
日本から世界へ駆ける短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」です。

記念すべき第一弾のテーマは「ちいさな英雄」。
超大作映画を手がけてきたアニメーション映画の旗手たちが、“現代のちいさな英雄”を描きます。

『メアリと魔女の花』の米林宏昌が自身初となるオリジナルストーリーで挑む、カニの兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』。

640-9

巨匠、高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才・百瀬義行による、母と少年の愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』。

640-10

宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』。

640-11

兄と弟の勇気、母と子の絆、そして、たったひとりの闘い。
小さな涙と優しさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく―。

愛と感動のエンターテインメント、ポノック短編劇場『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』、ぜひご期待ください!

[STORY]

「カニーニとカニーノ」
虹色のトンボが舞う川底に、サワガニの家族が暮らしていた。父トトと兄カニーニ、そして、甘えん坊の弟カニーノ。巨大な魚たちから隠れてひっそりと暮らす3匹を、ある日、大嵐が襲う。間一髪でトトに助けられたカニーノ。しかし、巨大な泡の塊は、トトを飲み込み、濁流の彼方へ連れ去ってしまう。カニーニとカニーノは、父を探して生まれて初めての旅に出るが――。

「カニーニとカニーノ」特別予告編 /『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』


「サムライエッグ」
東京・府中市に暮らす少年シュンは、野球好きで元気な小学生。ダンススクールで働く母は、そんなシュンを温かく見守りながら育てている。しかし、シュンにはひとつだけ友だちと違うことがあった。彼は生まれた時から極度のたまごアレルギーに悩まされていた。ある日、野球の練習から帰ったシュンは、母の留守中に誤ってたまご入りのアイスクリームを口にしてしまう。突如、シュンの身体に異変が起きる。そのとき、シュンがとった行動とは――。実話をもとに描く母と少年の愛と感動の人間ドラマ。

「サムライエッグ」特別予告編 /『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』


「透明人間」
古ぼけたアパートに暮らす、ひとりの青年。ワイシャツを着て、歯をみがき、めがねをかけて、いつものとおりに家を出る。しかし、何かが違った。彼は、透明人間だった!だれも彼のことが見えない。コンビニの自動ドアも、ATMすら彼を認識しない。透明人間はついに重力からも見放され、次第に空高く舞い上がっていく。このままだと消えてしまう、いのちも――。
都会の隅に生きる見えない男のたった一人の闘いを、スペクタクルアクションで魅せる究極の野心作。

「透明人間」特別予告編 /『ちいさな英雄ーカニとタマゴと透明人間ー』

[REVIEW]

新プロジェクト「ポノック短編劇場」の第1弾は、「ちいさな英雄」をテーマに描かれた3つの短編集です。
ぜひ劇場に足を運んでみてください。

映画「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」
2018年8月24日(金)より全国ロードショー

「カニーニとカニーノ」
脚本・監督:米林宏昌
出演:木村文乃、鈴木梨央
音楽:村松崇継

「サムライエッグ」
脚本・監督:百瀬義行
出演:尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎
音楽:島田昌典

「透明人間」
脚本・監督:山下明彦
出演:オダギリジョー、田中泯
音楽:中田ヤスタカ

エンディングテーマ:木村カエラ「ちいさな英雄」
プロデューサー:西村義明
企画制作:スタジオポノック
スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品
配給:東宝
公式サイト:http://www.ponoc.jp/eiyu/
(C)2018 STUDIO PONOC