FullSizeRender

映画「悪と仮面のルール」が2018年1月13日(土)より、全国ロードショーとなります。

2018年1月13日公開『悪と仮面のルール』予告編

[イントロダクション]
ウォール・ストリート・ジャーナル絶賛!芥川賞作家・中村文則の傑作小説が映画化。
哀しき殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する衝撃作。
主人公・久喜文宏には玉木宏。これまでの精悍なイメージとは異なる稀代の“殺人者”を演じ、新たな一面を見せる。文宏がすべてを懸けて守ろうとする香織を新木優子、テロ組織の実行犯の一人・伊藤を吉沢亮が演じるほか、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結。監督は、数々のPVやCMを手掛けてきた新鋭・中村哲平。壮大で深遠なテーマを携えたサスペンスドラマを圧倒的な演出で描く。
顔を変え、過去を捨て、決して拭いさることができない悪を抱えた男が、それでも生きて戦う”真の理由”とは?
二度と忘れることのできない衝撃のラストがいま、明かされる。

in_sub01

[STORY]
悪になるために創られた男 彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。悲しい事実を隠して—。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが――。

in_sub04

邪になるために創られた男が、愛するものを守るために自らの宿命と戦うサスペンスドラマです。
主演の玉木宏さんが、これまでになかった哀しい殺人者の役に挑戦されています。
ぜひ劇場に足を運んでみてください。

in_sub02

映画「悪と仮面のルール」
2018年1月13日(土)全国ロードショー
監督:中村哲平
原作:中村文則
脚本:黒岩勉
撮影:鯵坂輝国
照明:中川大輔
キャスト:玉木宏久、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研ほか
製作年:2018年
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム
上映時間:138分
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会