FullSizeRender

映画「蝶の眠り」が2018年5月12日(土)より、全国ロードショーとなります。

【映画】蝶の眠り 予告

[イントロダクション]
透き通るような美しさの中山美穂が文学的世界へ誘う。
高齢化社会にあって、アルツハイマー病や認知症といった病気と、どう向き合って人生の最後を終えるのか。これはいま多くの人たちが直面する人生の課題だ。自らの余命を知る女性小説家が、最後に自分の尊厳を守り、残る人たちに美しい記憶を残そうと静かに行動した人生最終章。
50代前半で、まだ美しさを保つ主人公涼子は、華やかな日常の裏で、次第に自分をコントロー ルできなくなっていく恐怖と、一人で死に立ち向かう寂しさを抱えていた。しかし、作家を目指す 一人の青年チャネとの出会いにより、自分が何をなすべきかを心に決める。互いの気持ちを量りながらも、2人の思いはすれ違っていく。年の差を超えた究極の愛がテーマの本作は、恋愛を凌ぐ人間愛を考えさせるストーリーでもある。

640-1

主役の中山美穂は、自身の年齢より年上の女性小説家の役を見事にこなした。ラストシーンの 遺伝性アルツハイマー患者の無垢で透き通るような表情は見る者の心を揺さぶる。韓国人留学 生役にはキム・ジェウクが熱演。彼の純朴な表情と流暢な日本語が物語を引き立たせている。 チョン・ジェウンは韓国屈指の女性監督で、本作では作家を主役に配し、彼女の住む家や 書斎へのこだわり、日本文学をリスペクトした劇中劇など、斬新な表現方法で監督ならではの才能とセンスを印象付けている。また、初の劇映画音楽に取り組んだ新垣隆の叙情的な音楽、きめ細かく臨場感あふれる撮影が作品を一層儚く美しい“愛の記憶の物語”へと昇華させている。

640-4

[STORY]
売れっ子の女性小説家・涼子(中山美穂)は、自分が母と同じ遺伝性アルツハイマーに侵されていることを知る。死を迎える前に、何かをやり遂げようと考えた涼子は、大学で文学の講師を務めることを決める。講義の初日、学生と訪れた居酒屋でアルバイトをする韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、涼子は最後となるかもしれない小説の執筆を手伝わせることに。愛犬の死により正気を失う涼子、そこへ駆けつけたチャネといつしか二人は年齢の差を超えて恋人のように惹かれ合っていく。病が進行するにつれ、涼子は愛と不安と苛立ちの中、チャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いは到底チャネには受け入れがいものであった…

640

中山美穂さん演じる遺伝性アルツハイマー女性作家が、自分の人生の意味を探す映画です。
「あなたが大切な人に残したい記憶はなんですか?」
ぜひ劇場に足を運んでみてください。

映画「蝶の眠り」
2018年5月12日(土)全国ロードショー
出演:中山美穂、キム・ジェウク、石橋杏奈、勝村政信、菅田俊、眞島秀和、澁谷麻美、永瀬正敏
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
音楽監督:新垣隆
ストーリー・劇中小説:藤井清美
エンディング・テーマ曲:「朝焼けの中で」作詞・作曲・唄 根津まなみ
配給:KADOKAWA
宣伝:樂舎
2017年/日韓合作映画/日本語/112分
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
公式サイト:http://chono-nemuri.com/