FullSizeRender

映画「リメンバー・ミー」が2018年3月16日(金)より、全国ロードショーとなります。

「リメンバー・ミー」本予告

[イントロダクション]
それは、時を越えて家族をつなぐ、奇跡の歌。
『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』のディズニー/ピクサー最新作は、誰も観たことがない明るくカラフルな“死者の国”を舞台に、時を越えた“家族のつながり”を描いた感動のファンタジー・アドベンチャー──『リメンバー・ミー』。アカデミー賞®受賞作『トイ・ストーリー3』で、おもちゃたちの別れと絆をドラマチックに描き、世界中を涙で包み込んだリー・アンクリッチ監督が、今度は私たちが生まれる何世代も前からつながる“家族の絆”をエモーショナルに描き出す。
この春、アトラクション感あふれる死者の国に酔いしれ、コミカルなガイコツの変幻自在な活躍に笑い、あの“レット・イット・ゴー”(『アナと雪の女王』)を手がけたロペス夫妻による美しい歌に心打たれ、やがて明かされるラストに驚き、時を越えた家族の強い絆に涙する──ディズニー/ピクサーの魅力がたっぷり詰まった新たなる金字塔が誕生する!

640-1

[ストーリー]
主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!
そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

640-2

1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという死者の日に、カラフルな死者の国を舞台に、時を越えた家族のつながりを描くファンタジー・アドベンチャーでした。
第90回アカデミー賞®で、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を受賞しています。
ぜひ劇場に足を運んでみてください。

640

映画「リメンバー・ミー」
2018年3月16日(金)より全国ロードショー
監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
音楽:マイケル・ジアッキーノ
歌曲:ロバート&クリステン・アンダーソン・ロペス
日本版エンドソング♪「リメンバー・ミー」(シシド・カフカfeat.東京スカパラダイスオーケストラ)
声の出演(日本語版):藤木直人、松雪泰子、橋本さとし、石橋陽彩、横山だいすけ、渡辺直美ほか
製作年:2017年
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
コピーライト:(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
上映時間:105分