映画「海底47m」が2017 916日(土)より、福岡県の福岡中洲大洋、小倉コロナシネマワールドで公開となりました。


本映画は、メキシコの観光地などで実際に行われている、野生のサメを檻の中から鑑賞する"シャークケージダイビング"中に事故で檻が海底47mに落下し、そこから自力で脱出する姉妹の決死の生還劇を描く海底パニックスリラーです。


本作は、20176月に全米で公開され、初登場 5位、3週連続TOP10入り、歴代サメ映画の第 8位となった映画です。




[イントロダクション]

ようこそ、死のスキューバダイビングへ。戦慄の海底パニックスリラー解禁!海底47mに落下した檻に取り残された姉妹。無線は通じず助けは来ない。急浮上すれば潜水症で意識を失い、止まれば人喰いサメの餌食に。残る酸素はあと僅か。生還確率: 0


STORY

メキシコで休暇を過ごすリサとケイト姉妹は、現地の友人からすすめられて"シャークケージダイビング"を楽しむことに。鉄製の檻に入ってゆっくりと水深5mの海に降り、迫力あるホオジロザメの遊泳を観察する人気のマリンレジャーだ。初めて間近にみる大きなサメ達に大興奮の二人。だが突然悲劇が訪れる。檻を吊るすワイヤーが切れ、水深 47mの海底まで落下してしまったのだ。無線も届かない海の底、急浮上すれば待っているのは潜水病。だが海中に留まればサメの餌食。酸素ボンベのタイムリミットは45分!すべてが極限状態の脱出劇に、生還という結末はあるのか―!?  


映画を鑑賞しました。

この映画はもともとビデオリリースとネット配信のみの予定だったそうですが、その設定の面白さとスリリングな映像が評価され、全米で劇場公開が決定すると、初登場5位にランクインして 3週連続TOP10入りとなり、歴代サメ映画の第8 位の快挙を成し遂げた作品です。

海中の檻の中からサメを観賞するダイビングツアー中に檻のワイヤーが切れて、海底47mに落下し、そこから脱出する海底パニックスリラーですが、抜群の臨場感で、水中の恐怖感が伝わってきました。

ぜひ、劇場の大画面で観てみてください。


映画「海底47m」は2017 916日(土)より、福岡中洲大洋、小倉コロナシネマワールドにて公開です。

 

「海底47m

2017916 日(土)福岡中洲大洋、小倉コロナシネマワールドほか、全国順次公開 

監督・脚本:ヨハネス・ロバーツ

出演:クレア・ホルト「オリジナルズ」シリーズ、マンディ・ムーア『ウォーク・ト ゥ・リメンバー』、マシュー・モディーン『フルメタル・ジャケット』
原題:47 METERS DOWN

配給:ギャガ・プラス 

(C)47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED 

公式サイト:http://gaga.ne.jp/47m/


2017年812日(土)公開『海底47 m』予告編

https://www.youtube.com/watch?v=QB4QDSiRlOw