2017730 日(日)、映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の大ヒット御礼舞台挨拶とマスコミ合同会見が開催され、本作の日本語吹替え版でグルーの三女、アグネス役を第1作目から演じている芦田愛菜さんが出席されました。


映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」は、721日(金)に封切られて初登場第 1位のスタートを切り、その後、週末動員ランキング4週連続第1 位を獲得、そして827日(日)までの公開 6週目で、興行収入62億円、観客動員数529 万人を記録しました。

興収52億の前作「ミニオンズ」を大きく上回り、歴代イルミネーション作品史上No.1 作品となりました。

夏休み終了後の現在も、興行収入70億円越えを射程に捉えたペースで推移しているそうです。


芦田愛菜さんはT・ジョイ博多とTOHOシネマズ天神・ソラリア館の 2箇所で舞台挨拶を行い、天神市内のホテルで合同会見を開催されました。


芦田さんが福岡を訪問されたのは、映画「怪盗グルーの月泥棒」(2010年)のキャンペーン以来7 年ぶりで、6歳の当時は福岡のいちごが楽しみだったそうです。宮崎にもキャンペーンに行かれて、そこで飲んだマンゴージュースが美味しかったとのこと。今回の福岡では博多ラーメンを楽しまれたそうです。


映画に関して、「ミニオンたちがとても可愛くて、最後まで楽しめる作品です。私のお気に入りキャラクターは『ボブ』です。今回の収録では、『もっと子どもっぽく、無邪気に』という指示が何度かあって、私の子どもっぽさが減ってしまっていたみたいですね(笑)」と明るく語ってくださいました。


映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」は現在公開中です。

私も拝見しましたが、大人も子どもも楽しめる内容でした。お父さん世代は、新キャラクターのバルタザールに共感を覚える方も多いかもしれません。

ぜひ劇場に足を運んで、ご覧になってみてください。


[ストーリー]

晴れて結婚したグル―とルーシーの前に、80年代ファッションに身を包む元子役スターの悪党バルタザールや、生き別れになっていたグルーの双子の兄弟ドルーなどの新キャラが登場!またミニオンたちは、悪の道から足を洗ったグルーと決別し、新たな最強最悪のボス探しを始めるが、ある出来事をきっかけにとんでもないことに!


「怪盗グルーのミニオン大脱走」 

2017721 日(金)公開

監督 : ピエール・コフィン/カイル・バルダ『ミニオンズ』
製作 : クリス・メレダンドリ/ジャネット・ヒーリー『ミニオンズ』『ペット』『 SING/シング』

制作総指揮:クリス・ルノー『ミニオンズ』『ペット』 

声の出演:【字幕版】スティーヴ・カレル/クリステン・ウィグ/ トレイ・パーカー/スティーヴ・クーガン 

【日本語吹替版】グルー(笑福亭鶴瓶)/バルタザール(松山ケンイチ)/ ルーシー(中島美嘉) アグネス(芦田愛菜)マーゴ(須藤祐実)/イディス(矢島晶子) /ドルー(生瀬勝久) ヴァレリー(いとうあさこ)/ ニコ(福山潤) 

配給:東宝東和

公式サイト:http://minions.jp/

© Universal Studios













image


『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹替版本予告映像

https://www.youtube.com/watch?v=gvIixGOxiQ8