12/1(木)から12/25(日)まで、全国の「アフタヌーンティー・ティールーム」に、クリスマスシーズンの新作メニュー、"丸ごと林檎のキャラメルアップルパイ"と"生ハムとローストビーフのオープンサンド"が登場しました。


そこで今回、天神の「アフタヌーンティー・ティールーム 福岡三越」をお伺いしてきました。


"丸ごと林檎のキャラメルアップルパイ"は林檎をまるまる1個使ったスイーツで、ローストした林檎に塩キャラメルのカスタードが詰めてあり、サクサク食感のパイといっしょにいただきます。

アーモンドとくるみのクランブル、ラズベリーソース、クリームチーズもジェラートも添えられていました。

林檎はクリスマスオーナメントの起源ともいわれていて、"Merry & Bakeful Holiday"がテーマなのだそうです。


"生ハムとローストビーフのオープンサンド"は、黒い全粒粉のパンにハニーチーズマッシュポテトを塗って焼き上げていて、その上に生ハム、ローストビーフ、バジルケーゼと3種のフルーツをあわせてあります。トリュフ風味のソースをかけていただきました。


紅茶は、期間限定の"クリスマス クランベリーアップルティー"をいただきました。

スイートアップルティーとハイビスカスの紅茶に林檎と苺とクランベリーが入った、甘酸っぱいアレンジティーです。

ティーカップだけでなく、ポットの中にも林檎とクランベリーが入っていました。


「アフタヌーンティー・ティールーム」の2016クリスマス、どうぞ足を運んでみてください。


アフタヌーンティー:2016クリスマスメニュー

http://www.afternoon-tea.net/tearoom/seasonal/2016_xmas_menu/