「サプール2021展 in FUKUOKA」市美とアジ美で開催

2021年2月23日(火・祝)〜28日(日)まで福岡市美術館にて、3月25日(木)〜30日(火)まで福岡アジア美術館にて、「サプール2021展 in FUKUOKA」が開催されます。

“服が汚れるから争わない”孤高の価値観と共に生きる平和のメッセンジャーたち
「サプール2021展 in FUKUOKA」開催決定

アフリカのコンゴ共和国とコンゴ民主共和国で90年以上続く独自のファッション文化「サプール」。
その世界を紹介する展覧会『サプール2021展 in FUKUOKA』が、2月23日(火・祝)から28日(日)まで福岡市美術館にて、3月25日(木)から30日(火)まで福岡アジア美術館にて、2期にわたって開催されます。

平均年収3万円以下の収入をやりくりし、ハイブランドスーツを身にまとって街を闊歩するサプールの人々は、“服が汚れるから争わない”というシンプルな平和感をもち、“エレガントな装いこそ人生のすべて”という生き方をもつファッショニスタ。
孤高の価値観と共に生きる平和のメッセンジャーです。

平和をまとった紳士たちYohjiを愛したサプールたち

今回の展覧会では、2015年から現地に赴き取材を重ね、日本におけるサプール文化研究の第一人者として知られる写真家のSAP CHANO氏を迎え、CHANO氏が手がけた写真作品やサプールがデザインした衣装(スーツ・ネクタイ等)が展示されるほか、彼らのインタビューを収録したムービー作品の上映やCHANO氏によるトークイベントも予定しています。

「サプール2021展 in FUKUOKA」市美とアジ美で開催

「サプール2021展 in FUKUOKA」市美とアジ美で開催

写真家 SAP CHANO氏 プロフィール

1959年 滋賀県生まれ。
1982年 九州産業大学芸術学部卒業と同時にフリーランスカメラマンとして活動開始。写真展「ダイレクトミュージシャン」福岡市天神コアにて開催。
1984年 当時最年少で日本広告写真家協会(APA)の正会員に推挙される。
1986年 渡米。ニューヨーク読売プレス社(NEW YORK YOMIURI PRESS)勤務。
1989年 福岡市にてコマーシャルスタジオ「Y・C・S 」設立に参画。
1991年 沖縄移住。沖縄を拠点に広告写真とサプールの撮影をライフワークとする。
2015年 Kindle写真集「平和をまとった紳士達」出版。
2016年 写真集「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」(オークラ出版)出発。
2016年 写真展「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」渋谷西武百貨店で開催。(入場券を購入するまで1時間を要した伝説の写真展となる)
2016年 サプール6名を招聘し、新宿伊勢丹、京都伊勢丹、心斎橋大丸、沖縄プラザハウスにて写真展&トークショーを開催。福岡岩田屋にてトークショーを開催。
2017年 大丸創業300周年記念企画 サプール写真展「 THE SAPEUR・平和をまとった紳士たち」開催。会場:心斎橋大丸、東京大丸、名古屋松坂屋、札幌大丸など、全国の大丸松坂屋百貨店。トークショー開催:ドン小西、ヨシダナギ、AERAスタイルマガジン編集長。
2018年 フランス ランス市より招待され、国鉄ランス駅などで写真展を開催。フランスメディアから賞賛される。同年フランス大使館に在留届を提出。
2018年 JICA中部なごや地球ひろばにて「JICA x SAPEUR by SAP CHANO パネル展」開催。
2019年 横浜 あーすぷらざ「着るアフリカ展」開催。
2019年 写真集「Yohjiを愛したサプール」出版。(学研プラス)
2019年 「Yohjiを愛したサプール」出版記念写真展「サプール2019展」なんばパークスにて開催。
2019年 同年10月横浜アソビルにて、初プロデュース「サプールファッションショー」を開催。
2020年 福岡市にて「フォトギャラリー & カフェバー・SAPE」をプロデュース。
現在、パリ、コンゴ、東京、福岡、沖縄を回遊する。

「サプール2021展 in FUKUOKA」SAP CHANOさん

こうした規模でサプール文化が紹介されるのは九州では初めての機会です。
ぜひ会場にて、その深遠で魅惑的、そして色鮮やかな魅力に触れてみてください。

「サプール2021展 in FUKUOKA」
日時・開催場所:
シーズン1:2021年2月23日(火・祝)~28日(日)
9:30~17:30 ※最終日は17:00まで
福岡市美術館 ギャラリーF(福岡県福岡市中央区大濠公園1-6)
シーズン2:2021年3月25日(木)~30日(火) 
月/火/木/日9:30〜18:00 金/土 9:30〜20:00 ※最終日は16:00まで
福岡アジア美術館 企画ギャラリーA(福岡県福岡市博多区下川端3-1 リバレインセンタービル7F)
入場料:
大人 500円(高校生以下無料)※シーズン1の半券持参でシーズン2の入場料200円割引
共通ペアチケット 1000円 ※シーズン1、2両会場にペアで入場できます。
内容:
・SAP CHANO氏撮影の「サプール」の人々を被写体とした写真展示およびムービー作品の放映
・SAP CHANO氏及び特別ゲストによるトークイベント
・サプールがデザインした衣装(スーツ・ネクタイ等)の展示
お問い合わせ:
サプール2021展 実行委員会(株式会社アウニー 092-600-4769)

主催:サプール2021展 実行委員会・(株)アウニー内( 092-600-4769)
共催:サプール協会・(株)オフィス28プロダクション内(03-6804-5404) 
後援:福岡市・福岡市文化芸術振興財団・西日本新聞社・駐日コンゴ共和国大使館
プロデューサー:MASUDA YUNA 
会場ディレクション:HARUTAKA DESIGN
グラフィックデザイン:FUJINO DAISUKE
広報協力:福博ツナグ文藝社 
Special thanks:HAIR MODEL BANK 
文化庁、文化芸術活動継続支援事業
サプール協会日本支部 公式HP
ニュース