福岡空港TSUTAYA「冨永ボンド×artdrop」

2021年2月20日(土)14時より、福岡市博多区下臼井の福岡空港国内線旅客ターミナルビル3階の「TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港店」にて、アート×コミュニケーションをテーマにしたワークショップ「冨永ボンド×artdrop(アートドロップ) 福岡空港のおしゃれなTSUATAYAカフェラウンジでボンドアートを楽しもう」が開催されます。

福岡空港の所在地は、福岡県福岡市博多区下臼井767-1です。

artdropは、近年ニューヨークをはじめ全米で流行している、Paint(描く)とSip(ちびちび飲む)を組み合わせた ”Paint & Sip” と呼ばれるアクティビティをアレンジし、アートを気軽に楽しむことを目的として企画されました。

福岡では昨年7月より各所で開催されており、これまでに200名以上が参加。
今回は、アーティスト・冨永ボンドさんをインストラクターに迎え、ボンドさんが考案した“ボンドアート”という手法で作品を描きます。
ボンドさんの創作テーマは、つなぐ(接着する)。
アート・医療・地域・世界をつなぐ作家活動を通して、画を描く作業の大切さをより多くの人へ伝えること目的とし活動されているボンドさんは、医療分野でもオリジナルのプログラム「ボンドアートセラピー体験会」を年間約50回開催されています。

会場は、昨秋OPENした「TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港店」のカフェラウンジ。
飛行機を眺められる開放的なラウンジで、ドリンクやおしゃれなおつまみを味わいながらアートとコニュニケーションを楽しんでください。

アートに興味があって、見たり描いたりするきっかけを探している方、アーティストさんと一緒に描いてみたい方、ぜひ「artdrop」でボンドさんと一緒にアートを自分事にしてみませんか?

冨永ボンドさん プロフィール

冨永ボンドさん

世界で唯一、木工用ボンドを使って描く画家。現代アーティスト。
パリの画廊所属。福岡県福岡市出身、佐賀県多久市在住。創作テーマは、つなぐ(接着する)。
アート・医療・地域・世界をつなぐ作家活動を通して、画を描く作業の大切さをより多くの人へ伝えることが作家活動の目的。
抽象的な画のモチーフは全て人間。黒く輝く立体的なアウトラインと多色彩を併せ持つマチエールが特徴の通称「ボンドアート(登録商標)」と呼ばれる独自の画法は、2014年ニューヨークで開催された世界最大級のアートフェス「ART EXPO NEW YORK 2014」、2016年パリのルーブル美術館で開催された「Art shopping」で高く評価され、ニューヨークでは「Micheal Mariaud Gallery」と、パリでは「ART DIGITAL STUDIO」と作家契約を交わした。
医療の分野では、認知症・精神障がい・発達障がい・知的障がい・自閉症等の病院や就労支援施設等に出張し、オリジナルのプログラム「ボンドアートセラピー体験会」を開催(年間約50回)。
作業療法に関する研究等にも協力し、医療福祉系大学と連携して学会発表も行っている。臨床美術士の肩書も持ち、アート創作が人の脳や心に与える影響やアートと医療をつなぐことが何故人にとって良いことであるのか、そのエビデンスを模索中。
2014年、佐賀県多久市に移住し、広さ約140坪の巨大なアトリエ「Art studio ボンドバ」を創設。スタジオ内には、120種を超えるオリジナルのプロダクト商品を販売するブティックのほか、BARカウンター・ラウンジスペース・DJブース・巨大ギャラリー・創作スペースのアトリエを設け、誰もが気軽にアートと音楽を楽しむことができる"他には無い"まちづくりの拠点となっている。多久市ウォールアートプロジェクトの主宰者として、全国まちづくりサミット2018で活動実績を発表。
県内外問わず、地域で開催される数々のまちづくり講演会にもゲストスピーカーとして登壇した。
2015年からは、ラジオパーソナリティーとして冠番組がスタート。
現在は、RKBラジオ福岡、NBCラジオ佐賀長崎の2局に2番組を手掛ける。
夢は世界一影響力のある画家となり、日本の精神医療福祉の分野を支援すること。
キーフレーズは「アートに失敗はない!」

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港店について

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港

店内の入り口側に約3万冊の書籍と文具雑貨売り場、奥には有料エリアで30分500円(税別)の時間定額制で利用するカフェラウンジを設ける。
書籍売り場では「旅に連れていく本、旅をわくわくさせる本」をテーマに、ビジネス書や文芸書をそろえ、文具雑貨売り場ではオリジナルグッズの便せん、エコバッグなども販売。
カフェラウンジでは、滑走路に面したガラス窓から、空や飛行機を眺めることができ、席数は全60席で全席電源完備、高速Wi-Fi、オンライン会議用に個室のブース2つを設ける。
フリードリンク&スナックサービスで、コーヒー、紅茶、ジュースなどのドリンクと、ナッツやチョコなどのスナックバーを用意する。
アルコール(生ビール)は追加500円(税別)。
売り場の書籍を3冊まで持ち込むことができ、田中千智さんや井口麻未さんなど福岡ゆかりの作家によるアート作品の展示・販売も行っている。

福岡空港TSUTAYA「冨永ボンド×artdrop」

冨永ボンド×artdrop(アートドロップ)
福岡空港のおしゃれなTSUATAYAカフェラウンジでボンドアートを楽しもう
日時:2021年2月20日(土)14:00~16:00(開場:13:30)
会場:TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港店
(福岡県福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線旅客ターミナルビル3F)
講師:冨永ボンド(Tominaga Bond/画家、株式会社ボンドグラフィックス代表取締役社長)
参加費:5,500円
※画材・フリードリンク(生ビール・ソフトドリンク各種)・フリーフード(おつまみ)付
peatixよりお申込みいただき、参加費は当日会場にてお支払いください
定員:20名
※お子様とご一緒に参加される場合はお一人分の料金でご参加いただけますが、入場の際ラウンジでもう1名分のドリンク・フード代(1,100円)をお支払いください(ペアで参加の場合、参加費合計6,600円となります)
※ペアで参加の場合も画材は1名分となります。
連絡事項
・画材・エプロン等揃えておりますので、当日は手ぶらでお越しください。
(小さなお子様用のエプロンの準備はありませんので申し訳ございませんがご持参ください)
・作品はそのままお持ち帰りいただきますが、ボンド部分は乾くのに時間がかかります。袋を準備しますので、お気をつけてお持ち帰りください。
・初心者の方でもお子様でも2時間以内に簡単でおしゃれな絵画が描けるレッスンですので、リラックスしてご参加ください。
・念のため汚れてもよいお洋服が安心です。