201710 14 日(土)、福岡県太宰府市の九州国立博物館の特別展「新・桃山展 - 大航海時代の日本美術」が開幕しました。


本展覧会は、倭寇の船で来日したポルトガル人が鉄砲を伝えた1543年(または 1542 年)から、徳川幕府がキリスト教を禁じ、貿易統制をしいて「鎖国」を完成させた1639年までの約100 年間に焦点を当て、激動の時代に、異なる外交政策をとった三人の天下人、織田信長、豊臣秀吉そして徳川家康を各章の案内役にすえ、彼らの時代を彩った名宝を、文化交流という観点から紹介しています。


出陳件数123件で、そのうち、国宝4件、重要文化財28件、重要美術品4件、県や市の指定品7件です。


国宝の「檜図屏風」(狩野永徳筆)(展示期間:11/14~26)や「松林図屏風」(長谷川等伯筆)(展示期間:11/14~26)など、桃山美術を象徴する名品が大集合します。


海外からの借用は3件で、日本の屏風絵の影響を受けてマカオなどで制作された「ビオンボ」が日本初公開です。


各作品の展示期間は、「新・桃山展」公式サイトの出品目録でご確認ください。

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/img/s_49/exhibition_s49.pdf


九州国立博物館の主任研究員の鷲頭桂さんから見所をお伺いすることができましたので、いくつかご紹介させていただきます。



「聖フランシスコ・ザビエル像」[重要文化財]17 世紀/兵庫・神戸市立博物館)。ザビエルは中国の貿易船で日本にやってきたそうです。



「火縄銃 墨書銘天正十一九月九日喜蔵とりつき」(1583年/京都・龍源院)。墨書銘入りとして日本最古の国産火縄銃。



「豊後府内古図」(1829年/大分市歴史資料館)。 大友宗麟が築いた国際都市 大分市の地図。アジアや西洋と交流していました。



イタリアからのお土産「世界都市図帳」ゲオルグ・ブラウン編 フランツ・ホーヘンベルフほか彫版(1572 1618年/兵庫・神戸市立博物館)。ヨーロッパやその近隣都市の約 450都市のイラスト集。開かれているページは奥がセビリア、手前がリスボン。



「豊国祭礼図屏風(部分)」狩野内膳筆[重要文化財]17 世紀/京都・豊国神社)。秀吉の七回忌のお祭りを描いた屏風絵の中に、タケノコのコスプレをした人がいました。



長谷川等伯「松林図屏風」[国宝]16 世紀/東京国立博物館)の高精細複製品が4階の文化交流展示室に展示されています。実物は11 14 日から展示されます。



「黒楽茶碗 ムキ栗」長次郎作[重要文化財]16 世紀/国・文化庁保管)。唐物を至上とする旧来の価値観に異なる美の表現に挑戦した千利休が、自分の理想の茶碗を長次郎に作らせたもの。



「南蛮屏風(部分)」6曲1双 狩野内膳筆17世紀)の中に描かれている象のモデルは、マニラ総督から秀吉に送られたアジア象の「ドン・ペドロ」と思われているそうです。



「日本図・世界図屏風(部分)」[重要文化財]6曲1双16 世紀/福井・浄得寺)に、肥前名護屋と壱岐、対馬、韓国を結ぶ航路が記載されていました。



72歳の家康を写したとされる「徳川家康像」伝小野通女筆 源誉存応賛(17世紀/東京・大養寺) 。神格化された家康像の背景に描かれる神殿などがなく、神格化される前の現存最古級の家康像と考えられているそうです。



「刀 以南蛮鉄於武州江戸越前康継 慶長十九年八月吉日」[重要美術品] 1614年/愛知・徳川美術館)。家康お抱えの名工が、南蛮船で運ばれた南アジアの鉄で作った刀。

「ビオンボ」と呼ばれる日本初公開の「大洪水図屏風」(17世紀末~18 世紀前半/メキシコ・ソウマヤ美術館/カルロス・スリム財団)。マカオで描かれた、ノアの箱船の屏風。キリスト教の主題に、鳳凰や麒麟などの東洋的なモチーフが使われています。



「大洪水図屏風」(17世紀末~18 世紀前半/メキシコ・ソウマヤ美術館/カルロス・スリム財団)に描かれたユニコーンと麒麟。



こちらも「ビオンボ」の日本初公開の「ローマ皇帝図屏風」(18世紀末/メキシコ・ソウマヤ美術館/カルロス・スリム財団 )。日本で描かれた「泰西王侯騎馬図屏風」17世紀/兵庫・神戸市立博物館 )と構図、主題が類似しています。大航海時代に日本の屏風絵が数多く海を渡っていたようです。


また、今回の音声ガイド・ナビゲーターは草刈正雄さんです。


開催期間は、201710 14日(土)から11 26 日(日)までです。

今回の会期は6週間と短いです。

ぜひ早めに会場に足を運んでみてください。


展名:特別展「新・桃山展 - 大航海時代の日本美術」

会期:201710 14日(土)~11 26日(日)

詳細は公式ホームページでご確認ください。

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s49.html


特別展『新・桃山展 - 大航海時代の日本美術』ご紹介

https://www.youtube.com/watch?v=93u4drHVgC0